コラム

2014年12月03日

UMBRO×サカママ 共同開発プロジェクトー都会的「サッカースタイル」ー

サッカージュニアの普段のスタイル、ワンパターンになっていませんか?今回は、アンブロとサカママの共同開発の一環として、サカママが日頃気になっている練習着やデイリーアイテムについての意見を中心に聞かせてもらいました。

写真/足立雅史
参加してくれたママ
参加してくれたママ

綿のように肌触りの良い素材がほしい

──普段お子さんはどういったスタイルが多いのかを教えてください。

九十九さん
最近は合宿も多くなっているので、そのときには、機能性も考えてサッカースタイルのものを持たせています。でも、日常でも学校でも着れるようなデザインのウェアがあれば、着せるだろうなって思います。吸汗性もありつつ、練習着とは違う、例えばポロシャツみたいな。今は襟付きのウェアもあるし、それと似たような感じだと、子どもたちも「俺、サッカーしてるぜ!」的な感じが出て普段も着てくれるのかなと思います。

石田さん
サッカーをするときは汗が乾きやすいポリエステルのウェアを着せますが、普段着は綿ですね。ポリエステルのウェアは見た目がいかにも運動着になってしまうし、普段はスキンケアのことも考えて綿です。練習着はメーカー名が書いてあったり、派手な柄のものも多いから、無地なら普段着にも使えていいですよね。

九十九さん
ポリエステルのウェアはおしゃれに欠けているところもあるし、その中間のものがあれば便利だと思います。公園など動くことが多い場所に行くときも、生地がやわらかくて吸汗性がいい練習着を着させるのですが、汗をかいてない場合は、その後に出かける場合も面倒だからって着替えない。だから、練習着がタウン使いもできて、学校にもOK なデザインだといいですね。

木下さん
練習着もデイリーのウェアもデザインは、シャープでスマートなものがいいと思います。

石田さん
スマートでデザイン性があると、そのままおでかけできますよね。

松尾さん
ブランド名はあまり目立たずさりげない方がいいです。

石田さん
下とか、肩とかに(笑)。

──機能面は気になりますか?

九十九さん
今年の夏に、機能性のあるウェアを息子に着せたら熱中症を防ぐ効果を実感して、普通のウェアと機能性のあるウェアはやっぱり違うんだなって。確かに値段は少し高いけど、一枚あるといいのかなって思いましたね。ただ、そういう機能があるウェアの情報があまりわからないんですよね。

練習着の機能性はスゴイ
練習着の機能性はスゴイ

石田さん
機能がわかりやすく書いてある紙がついていればいいなと。他のブランドとも比較できるし。

松尾さん
私はタグに機能性の説明が付いてても、へーって思うだけなので、周りのサカママから話を聞くほうが、すごい説得力がありますよね。なのでウェアの機能性を実証してくれると買ってみたいなと思います。

木下さん
ブランド力があるメーカーなら、値段が高めでも逆に説得力がでると思います。

サカママから新しいスタイルを発信

──サッカースタイルのトータルコーディネートについてはどう思いますか?

石田さん
息子は最近ブランドアイテムを着たがります。しかも上下で違うブランドだとおかしいから全部揃えたいって。それがカッコいいみたいですね。サッカー選手やクラブチームに影響されているようです。

サカママ本誌で検証
サカママ本誌で検証

九十九さん
参考がどこにもないので、ワールドカップの後はみんなネイマールになってたり(笑)、有名な選手の影響力は大きいですよね。その分、モデルスタイルがあると、雑誌と一緒でそれがいいのかなって思うし、雑誌を読まない人は、周りが着ると、はじめていいってわかるんだと思います。早めに情報がわかってるサカママから発信すれば、新しいサッカースタイルも定着するんじゃないかと思います。

──これから冬にお子さんに着せたいアイテムはありますか?

九十九さん
ウインドブレーカーのような、防寒性は高くなくても普段学校にも着ていけるようなものが欲しいですね。子どもは薄い生地でも十分って言いますから。

松尾さん
それが取り外しできるボアが付いてたら便利かも。

木下さん
フリースとかボア素材で、ファスナーやボタンで簡単に取り外しができて、暑いときはいらないし、寒くなったらそれを付けるみたいな。

松尾さん
ボタンの色が違うとわかりやすいかも。途中でボタンの位置がずれてたことないですか?

全員
あるある(笑)

木下さん
あと、ベストとのセットもいいですよね。

九十九さん
冬でもベストの子って最近多くて、サッカーする子や運動してる子は、とにかく薄着なんですよね。分厚い防寒着はいらないというのは感じてます。薄手っていうのは最大のポイントかも。

石田さん
真冬しか着れないのはちょっと使いづらいです。冬が終わったらすぐしまっちゃうしかさばるし。できるだけ長く着れるものが便利ですよね。

木下さん
それに冬のコートって丈が長いから、ショート丈がほしいです。冬のアイテムも含めて、やっぱりスマートでスタイリッシュなサッカースタイルがいいですね。

 

 

サカママ's VOICE

松尾優佳さん



松尾優佳さん
(お子さん: 小3)
息子はとにかく着心地重視なので、簡単に着脱できて普段も着れるウェアだとうれしいです。ママの実体験レポートもぜひ試したい!


松尾優佳さん

松尾優佳さん
(お子さん: 小3)
料理はあまり得意ではないのですが食事が大事だと知ったので、できることから取り組んでいこうと思いました。

木下由希子さん



木下由希子さん
(お子さん: 小4)
冬に着るコートのサイズが大きいものが多い気がします。シルエットがスマートで丈が短いコートがあれば、親子で欲しいです。


木下由希子さん

木下由希子さん
(お子さん: 小4)
冬に着るコートのサイズが大きいものが多い気がします。シルエットがスマートで丈が短いコートがあれば、親子で欲しいです。

石田祥子さん



石田祥子さん
(お子さん: 小3)
サイズはちょうどよくても、身幅が大きくて動きにくいことがあります。自分好みで身幅が調整できるようなウェアだといいですね。


石田祥子さん

石田祥子さん
(お子さん: 小3)
サイズはちょうどよくても、身幅が大きくて動きにくいことがあります。自分好みで身幅が調整できるようなウェアだといいですね。

九十九絵美さん



九十九絵美さん
(お子さん: 小3)
練習着と普段着の中間のようなデザイン性高いのウェアがあれば、普段からサッカースタイルで過ごせるので子どもも喜びそう。


九十九絵美さん

九十九絵美さん
(お子さん: 小3)
練習着と普段着の中間のようなデザイン性高いのウェアがあれば、普段からサッカースタイルで過ごせるので子どもも喜びそう。

サカママの意見を取り入れたサッカースタイルとは
サカママの意見を取り入れたサッカースタイルとは

UMBRO 商品開発

古賀雅範さん

今回も貴重な意見ばかりでした。今後は、強みである機能性を重視しながら、アンブロならではのスタイリッシュなコーディネートを提案できるようにしていきたいと思います。これからもサカママの意見を伺いながら商品開発を進めたいと思います。

共同開発リュックが「キッズデザイン賞」受賞!

子どもたちの安全・安心に貢献するデザインや創造性と未来を拓くデザインなどに対して贈られる「キッズデザイン賞」。今年も受賞デザイン272 点が発表され、なんとアンブロとサカママが共同開発したジュニアフットボールバックパックが受賞しました!

UMBRO×サカママ 共同開発プロジェクト「キッズデザイン賞」受賞
UMBRO×サカママ 共同開発プロジェクト「キッズデザイン賞」受賞

POINT

・細分化された収納で整理整頓が身に付く
・水筒ポケットを中央に配置してバランスを保つ
・再起反射パネルの配置で視認性アップ
・チェストストラップによるベルトのズレの軽減

ジュニアフットボールバックパック
¥5,900(税別)
サイズ:W28×H40×D18㎝
品番:UJS1535J、カラー:BLU
展開月:2015年2月~

What's 『UMBRO』

1924年イギリスで設立された〝サッカー〟のオンリーワンブランド

What’s 『UMBRO』
What’s 『UMBRO』

イギリス発の由緒正しきサッカーブランド。2002年日韓ワールドカップではイングランド代表ベッカム選手がウェアを着用したことで人気が爆発!
他ブランドとは異なり、サッカーに特化したアイテム開発が特徴的。サカママにぴったりな女性向けの商品も多く、子どものサッカー観戦時のウェアなども含めてオススメのアイテムがいっぱいなので、要チェック!

次号以降でUMBRO×サカママサッカースタイル発表予定

座談会ではサカママならではの貴重な意見が数多く飛び出しました。その意見を参考に、都会的で活用できるサッカースタイルの開発を進めていきます。乞うご期待!

㈱デサント お客様相談室
東京03-5979-6101
大阪06-6774-0359

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP