コラム

2014年11月18日

速く走るための5つの方法ーLESSON1&2ー

LESSON3&4&5はコチラ

Lesson1

正しい“気をつけ”の姿勢を身につける!

じつはどんなキッズも、ちょっとしたポイントを知っていれば速く走れる可能性があるのです!その方法を現役時代は日本を代表する短距離走のランナーであり、現在は日本代表岡崎慎司選手の専属コーチを務める、法政大学杉本龍勇教授に教えてもらいました!

 

速く走るためには“気をつけ”の姿勢が最も重要!

「速く走るには、とにかく正しい姿勢が大事」と杉本教授。正しい姿勢とは、“気をつけ”の姿勢のこと。この姿勢で走れば、進行方向へ正しく体重移動することができ、身体のブレが抑えられるので、効率よく走行できるのです。逆に、姿勢が悪い状態で走ってしまうと、身体が左右や上下にブレたり、微妙に蛇行してしまい、力が分散してしまいます。

「最近は、真っ直ぐに走れない子どもも大勢います。それは、日頃の姿勢にも影響しています。食事や勉強のときの姿勢が悪いと、当然、走ったりサッカーをするときだって、正しい姿勢を保つことはできません」(杉本教授)。

また、姿勢は集中力にも左右すると言われています。サッカー力UP のためにも、日頃からキッズの姿勢を正すように心がけましょう。

 

キッズの姿勢をCHECK!

チェック項目が多いほど姿勢が悪い証です。

  • 猫背ぎみ
  • 肩が前に出ている
  • 左右の肩の高さが違う
  • 食事のとき、茶碗や皿を持っていないことが多い
  • 勉強をしているとき、目と机との距離が近い

杉本龍勇

PROFILE● 1970年、静岡県生まれ。法政大学経済学部教授。現役時代は日本短距離界を代表するランナーの一人で、92年バルセロナ五輪では4×100mリレーで6位に入賞した。03年に浜松大学陸上部監督に就任し、長谷川健太監督(当時)率いる同大学サッカー部フィジカルアドバイザーを兼任。05年から清水のフィジカルアドバイザーを務め岡崎慎司らを指導し、大分でもトップチームのフィジカルアドバイザーとして活動した。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP