コラム

毎日「おかえり」と言ってあげる働き方を続けたい

#04 毎日「おかえり」と言ってあげる働き方を続けたい
#04 毎日「おかえり」と言ってあげる働き方を続けたい

松尾優佳さん(神奈川県在住)

念願だったパン教室を自宅で主宰

もともと料理が大好きで、パンづくり講師の資格は独身時代に取得。
出産後、教室ができるキッチン付きの家に引越したことをきっかけに講座をスタートし、現在、週に1~2回のペースで、自宅でパン教室を開いています。
生徒さんたちがパンづくりを楽しむ様子を目の前で見られるのが一番うれしい瞬間なんだそう。

毎日息子に常に「おかえり」を言ってあげたい

息子くんが学校に行っている間に自宅で教室を開くことができるのは、このワーキングスタイルならではの醍醐味。
「息子が学校から帰宅したときには毎日『おかえり』と言って出迎えてあげたいから、今後もこのスタイルを続ける予定です」

食を通して家族みんなをHappyにできるきっかけを提供していきたい

パンづくりをきっかけに、生徒さんたちの家族もHappyになる。そんな仕事にやりがいを感じているという松尾さん。
パンを手づくりするようになれば、それ以外の食べ物もなるべく手づくりを心がけるようになる人が多いのだとか。

そんな生徒さんと接するうちに、普段の食材選びの豆知識も教室で伝えられるようナチュラルフードの資格も勉強中。

ハッピーライフのコツを松尾さんにしつもん!

時間のやりくりの秘訣は?

「あとまわしにしないこと。掃除や洗濯はこまめに行い、汚れをためこまないようにしています。
自宅で教室をしているので、常にきれいにしておかなければいけないからこそ、そうしているのかもしれません。どういう順序で家事をするかを、頭の中で事前にシュミレーションしておくと効率的に動けます 」

じぶん時間はどうつくって、どのように過ごしていますか?

「小さいころに比べ、息子が小4になった今は自分の時間がぐっと増えました。 つくらなくてもある、というのが正直なところ。家にいるとあれこれ動いてしまうので、あえて予定をつくってランチなどに出かけています。
アクセサリーやジャム、お菓子など手づくりも大好きなので、家で過ごすじぶん時間はたいていなにかをつくっています」


松尾さんの時間割

AM

6:30
家族全員で起床、朝食づくり、洗濯
7:00
パパと息子は朝食
7:30
パパ出社
8:00
息子学校へ
8:30
朝食、身じたく、教室の準備
9:00
掃除
10:00
パン教室開始

PM

12:30
パン教室終了
13:00
教室の後片付け、昼食
14:00
洗濯物をたたむ
14:30
アクセサリーづくりなど
15:00
息子帰宅、おやつ、宿題をみる
16:30
息子をサッカースクールへ送る
16:45
いったん帰宅し、夕食準備
18:00
サッカーお迎え
18:30
息子と夕食
19:30
お風呂
20:30
パパ帰宅、夕食準備、後片付け
22:00
就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP