コラム

2015年05月07日

ホワイトテープ、とは?

  • 「新年度にやるべきルーティン① ケガのデータをまとめる」はコチラ
  • 「新年度にやるべきルーティン② 健康チェック」はコチラ
  • 「健康チェックをチームに導入!」はコチラ
  • 「新年度!救急箱を整理しよう!」はコチラ
  • 「救急箱の中身、テーピングについて」はコチラ

さて、今回はホワイトテープについてお話しします。

テーピングの中でも一番メジャーな1つといっても過言ではないでしょう。
色んなサイズがありますが、基本となるのは38mmです。
小さい個所などには、縦に裂いてしまえば、色んな箇所に使えますし、ジュニアサッカーにおいてはそれほど多用することもないので、38mmタイプが1本あれば十分でしょう。

さて、ではこのホワイトテープ、ご存知のように伸びないタイプのテーピングですが、目的って何でしょうか?
そして、ジュニア世代にも必要なもの、でしょうか?

テーピングの主な目的は、ずばりケガの再発予防、です。

特に、固定を目的とするホワイトテープの場合、その目的は痛みを減らすためでも、ごまかすためでも、どこかの部位を強くすること、でもなく、これが一番の目的、なのです。

もちろん、それ以外にも目的はたくさんあります。

  • ケガの予防として
  • 関節や皮膚の保護として
  • 応急処置として…など。

しかし、ジュニア世代におけるテーピングの必要性は、どれくらいあるでしょうか?

痛みを出る動きをテーピングで制限すれば、もちろん痛みを減少させてプレーすることができるでしょう。
しかし、そもそもその痛みの原因は何なのか?テーピングをしてプレーを行ってよい症状なのか?ということを理解したうえで行う必要があるのです。

特に、このホワイトテープはいい意味で融通が利きません(笑)。
是非、そのテーピング方法をきちんと教えてくれるトレーナーさんなどを見つけて、みっちりレクチャーを受け、何回も練習してから行うようにしましょう。

スポーツペアレンツジャパン代表 村田一恵

PROFILE● アメリカノースカロライナ州の大学にて、スポーツ医学を学び、アスレティックトレーナーの経験を積む。 卒業、帰国後、トレーナーとして働き、結婚、出産を機に現場から離れる。

自身の子どもの少年団サッカークラブ入団を機に、子どもたちの安全なスポーツ環境構築についての情報や、スポーツをする子どもとの関わり方、コーチとの関係づくりなどの情報を提供すべく、スポーツを行う子供をもつ親=スポーツペアレンツ)向けの情報提供団体として、スポーツペアレンツジャパンを設立。3男児、サッカーボーイズの母。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP