コラム

2014年08月13日

水分補給の最適温度は「5~15℃」正しい夏の熱中症対策

夏の最大トラブル、熱中症。スポーツ中に発症率が高いと言われることもあり、サカママとしては日頃からきちんと対策を取ることが大切。 そこで、熱中症の正しい予防法をレクチャーします!
文/編集部
写真/兼子愼一郎、yOU(河崎夕子)

サッカープレー中は想像以上に水分不足!

熱中症とは、暑さによって引き起こされる障害の総称のこと。 気温と湿度が高い、直射日光がさす、風が少ないなどの環境によって体内に熱がこもり、 水分バランスが崩れたり、体温の調整機能が低下して起こるのです。

とくに幼児や低学年の子どもたちは注意が必要。幼い子どもたちは身長が低いため、 地面からの輻射熱を浴びやすく、体温調節機能の発達が不十分だからです。 また、気をつけて欲しいのがサッカーのプレー中。 なんとサッカーの運動強度は、長距離マラソンやトライアスロンよりも高いと言われ、その分、水分を失う量も多いのです。

子どもたちを熱中症から守るには、つねに様子を気にかけ、冷たいドリンク(5~15℃)をこまめに飲ませること。 また、放熱しやすい服装を選び、日頃から外遊びをさせて暑さに慣れさせることも大事です。

熱中症の種類&症状

熱失神

皮膚血管の拡張により血圧が低下し、脳血流が減少して発症。 脈が速くて弱くなり、顔面そう白、めまいや失神などが起こります。

熱けいれん

大量に汗をかいたとき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下すると発症。 手足、腹部に痛みのあるけいれんが起こります。

熱疲労 <スポーツ中に多い>

脱水症状。脱力感や倦怠感、めまい、頭痛、吐き気など。

熱射病 <スポーツ中に多い>

体温が上昇したため、中枢機能に異常をきたした状態。 応答が鈍い、言動がおかしい、意識がないなどの障害が起こり、 状態によって死に至ることも。

 

 

運動中に失われる水分量

運動中に失われる水分量
※男子高校生の夏場の部活動(2~3時間) 中、汗などによって失われる水分量の例。 気温約30℃前後・湿度約60~80%の真夏の環境下での実験によるもの。 環境、練習量、個人差など諸条件によって前後します。

 

 

熱中症を予防する基本の5か条

①暑さを避ける

屋外では日陰を選んで歩いたり、時々屋内に入るように心がけて。 家ではブラインドや扇風機などを利用し、朝に打ち水を行うのも◎。

②服装を工夫する

軽装で風通しの良いものや、白色系のウエアを着るといいでしょう。屋外で帽子は必須!

③汗をかくことを習慣に

子どもたちは外遊びをさせて暑さに慣れさせること。 ママは暑さに備えるために、日頃からウォーキングなどをして汗をかく習慣をつけましょう。

④無理をしない

熱中症がおこりやすい7~8月は、食欲がなかったり体調不良のときは、無理をして外出するのは避けましょう。

⑤正しい水分補給

のどの渇きを感じなくてもこまめに水分補給、マイボトルを携帯し定期的に水分チャージ、5~15℃の冷水を飲むなど。

 

 

サッカープレー中は想像以上に水分不足!

水分補給には常温がいちばんだと思っていたら、それは大きな間違いです!
スポーツパフォーマンスの向上や夏場の熱中症対策をサポートするサーモス「5-15℃(ゴー・イチゴ)」プロジェクトチームによると、 もっともカラダに吸収しやすく、効果的にクールダウンできるのは、常温より低い5~15℃のドリンクという実験結果が得られているのです。 また、5~15℃に冷やしたドリンクなら夏場でも飲みやすく、胃腸への負担も軽減。さらに、運動時に飲めば、 スポーツパフォーマンスの向上も期待できます。
ちなみに、冷蔵庫で冷やした水が約5℃。また、水よりも食塩(0.1~0.2%※)と糖分を含んだスポーツ飲料のほうが、 体内への吸収が早いと言われています。

5-15℃
※市販飲料の場合、100ml中にナトリウムが40~80㎎入っていれば0.1~0.2%の食塩水に相当します。

 

 

運動前の水分補給が大事!

スポーツ中のカラダは、想像以上に水分不足になってしまうため、サッカーの練習やプレー中に、 のどが渇いたと感じてから水分補給しても手遅れに。そのため、運動前に水分補給をしておくことが何よりも大切。 そうすれば、体温の上昇や心拍数の増加を抑えられ、熱中症予防にもつながります。
水分補給をする際は、一度に大量の水を飲むのはNG !
一気に飲んでも、体内への吸収が追いつきません。1日を通して5~15℃のドリンクを定期的に飲むようにしましょう。
もしも熱中症になってしまったら、風通しのよい木陰や涼しい室内に移動し、衣類をゆるめて足を高くして寝かせます。 そしてスポーツドリンクなどを何回かに分けて補給し、冷タオルでカラダを冷やすようにしましょう。

 

 

5℃のドリンクの作り方
5℃のドリンクの作り方

サーモス

 

 

サカママフェスタ
サカママフェスタ

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP