コラム

教えて!カントク!VIVAIO船橋(千葉県)渡邊恭男監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介! ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

構成/編集部
渡邊恭男監督
Q

中学年代のサッカー進路は
いつ頃から考えるべきでしょうか?

個々の状況により違いますが、情報収集は早ければ早いほうが良いと思います。セレクションの時期が来てしまうと情報が少ないまま、チームの結果重視で選択することが多いようなので…。

Q

クラブチームにおける中学の部活動との違い、
部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

大枠では雑用時期が少なく、ボールを扱う時間に差がある場合があると思います。また、クラブチームでは中3重視のチーム作りではなく、各学年がある程度均等に経験を積める可能性があります。

Q

中学年代の育成について、
大切なことは何だとお考えですか?

まずは、ゆっくり慌てないでプレーできること(難しいですが…)。そして自分で考えて自分からチャレンジする経験。ベンチの大人の目を気にせずピッチでプレーできること。そしてボールがない時、受ける瞬間、運びながらどのような情報が取れているか、相手の考えていることを察知したり、1手先2手先を複数イメージできることが大切です。

Q

クラブチームでの活動と学業は
両立できるでしょうか?

“サッカー漬状態”にしなければ、できると思います。

Q

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

お子さんは、嬉しかったり悔しかったりするものです。保護者の方々が感情移入し過ぎることがないようお願いしたいです。過干渉は子どもの成長にプラスに働かないことが多い。毎土日にベンチの逆サイドで応援に来られる方がいらっしゃいますが、私が中学生だったら嫌ですね。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP