コラム

教えて!カントク!Wings U-15(千葉県)久保巳郎監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介! ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

構成/編集部
久保巳郎監督
Q

中学年代のサッカー進路は
いつ頃から考えるべきでしょうか?

本人が将来の夢や目標を持てるようになったら、自然に意識するようになるはずです。上のカテゴリーの試合を見る機会を作ってあげることも良いでしょう。6年生になった時に次のステージで、自分がどういうところで3年間サッカーがしたいか、自分の意思で決められるようにする材料となります。自分の意思がすごく重要だと思います。

Q

クラブチームにおける中学の部活動との違い、
部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

一概には言えませんが、部活は先生が指導するので学校の職務がある以上、サッカー指導を優先できない面があります。ですがクラブチームは専属の指導者がいます。部活は3学年のなかでの先輩後輩の関係ですが、ジュニアやユースがあるクラブチームはカテゴリーを越えた交流があります。また、学区を越えた人との繋がりができるのもクラブチームの特徴のひとつです。

Q

中学年代の育成について、
大切なことは何だとお考えですか?

中学年代は自立のために必要な思春期にあり、心身のバランスが不安定で多感な年頃だということ。それを理解する必要があると思います。

Q

クラブチームでの活動と学業は
両立できるでしょうか?

できます。移動や時間の使い方など大変なのは最初だけです。将来の目標に向けて次のステージに進むためには、勉強も大切だということを理解していれば必ず両立できます。

Q

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

繰り返しになりますが、思春期であるということを理解する事。自立のために過干渉にならず多感な時期でもあるので全くの放置も良くないと思います。子どもが葛藤の中、苦しんで自立に向けて頑張っている姿を背中から見守り、時には背中を少し押してあげられる距離感が程よいかと思います。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP