コラム

教えて!カントク!クラブテアトロジュニアユース(神奈川県)岩本大輝監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介! ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

構成/編集部
岩本大輝監督
Q

中学年代のサッカー進路は
いつ頃から考えるべきでしょうか?

当クラブは一貫指導を目指しており、ジュニアユースに入部する選手は当スクール選抜クラスからの合格者を多数出しています。より高いレベルで選手としての成長を望み、入部を希望するならば小学4年生時くらいからのスクール選びは重要になってくると考えます。ただし、小学4年生にサッカー進路を決めさせるのは酷なので、憧れや好みでもいいと思います。親の好みによる誘導ではなく、ある程度リサーチした上でアドバイスしてあげられるといいかもしれませんね。

Q

クラブチームにおける中学の部活動との違い、
部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

部活動とクラブチームは全く別物であると考えます。部活動は学校の先生であり、クラブチームはプロのコーチです。スポーツの観点から人間の成長と選手の育成を考えます。部活動は学校であり、クラブチームは専門の組織です。ハード、ソフト両面において選手の育成のために常に工夫を凝らすことができます。また子ども自身の目標であり目的であるサッカーをツールとし、人間形成に携わっています。

Q

中学年代の育成について、
大切なことは何だとお考えですか?

中学生年代で忘れてはならないことは「身体づくり、こころづくりの時期」であるこです。心身ともに著しい発達のみられるこの時期に、充分な休養と栄養がなければ、トレーニングの効果は得られません。うまくいかないときに努力することは絶対に必要なことですが、花が咲く時期はもっと先かもしれません。その子の未来をイメージしてあげながら指導することが重要です。「妥協ではなく休養」、「暴食ではなく栄」。ただ打ち込ませるのではなく導いてあげることが重要だと考えています。

Q

クラブチームでの活動と学業は
両立できるでしょうか?

当クラブOBには塾に通わず、レギュラーで出場し続けながら公立中学から慶應に合格した選手がいます。塾に通わずオール5をとり続けた選手もいます。逆に夜22時まで塾に通い続け、成績の取れなかった選手もいます。自分次第です。

Q

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

子どもによって性格は違います。すべての子どもに対して「こうしたほうがいい」と決まっていることは絶対にありません。言えることは、子どもがうまくいっていない時はその子どもが成長する一番の機会だということです。その子に意志があるならば悩み、立ち止まることもあると思います。子ども自身の力で一歩踏み出すまで親はグッと堪えることが必要な時があります。結果が残らないことに対する親の焦りはわかりますが、子供自身の意志で行動し、成功や失敗をする機会を奪ってはいけません。とても我慢の必要なことだと思いますが、子供自身が自由と責任の関係を理解し、人として成長するために、手をかけず目をかけることが必要だと考えます。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP