コラム

自宅サロンで英語レッスン&アスリートフード講座を主催

午前は高校の非常勤講師として、午後は自宅の英語サロンで英語を教えている林さん。サカママとしてもアスリートフードマイスターの資格を取得して息子さんの食事をサポートしており、最近ではサカママ同士の情報交換の場としてアスリートフード講座&ランチ交流会を主催するなど、積極的に活動しています。

  • 仕事
  • 子育て&家事
  • サカママ
  • 自分時間
林さんのワーキングスタイルDATA
仕事
午前は高校の英語科非常勤講師として働き、午後は自宅サロンで幼児から大人を対象に英語を教えています。また、幼稚園でも英語クラスを担当したり、最近は、サカママ向けにアスリートフード講座&ランチ交流会を自宅で開催しています。
子育て&家事
忙しいからこそ“やれることは今のうちに”をモットーにしている林さん。隙間時間を見つけて、家事や育児、仕事や事務処理をこなすように心がけており、隙間時間を有効活用しています。
サカママ
仕事とかぶっていない時は、夜練やスクール、土日の試合の送迎をしています。また、栄養を考えた弁当・補食・夜食を作って息子さんの食事をサポート。就寝前にはストレッチとマッサージをしてあげることも。
自分時間
週末は息子さんのサッカー応援で忙しいため、仕事や家事の合間や就寝前のちょっとした時間を使いながら、ブログを書いたり、北欧インテリアで部屋をコーディネートしたり、自分時間を楽しんでいます。
林 葉子さん

林 葉子さん

千葉県船橋市在住 煌遙くん(小6/船橋FC) 大学卒業後、キャノンに就職した林さん。外国人とチームを組んだことをきっかけに英語で世界中の人々とコミュニケーションをとる楽しさを知り、会社を退職してオーストラリアに留学しました。帰国後は外資系留学会社の日本事務局に就職しましたが、国内外の出張が多かったため、2人目の出産を機に退職。その後、息子さんが1歳の時に大学の通信課程で英語の教員免許を取得し、現在は高校の非常勤講師として働きながら、自宅で英語サロンも開講しています。
仕事

今まで教えた生徒は1000人以上!
高校や自宅サロンで教える英語の先生に

午前は高校で英語の非常勤講師として、夕方は自宅サロンで多くの人々に英語を教えている林さん。なんと、英語の教員免許を取得したのは、息子さんが1歳の時だったそう。「以前は交換留学やインターンシッププログラムの企画、運営に携わる仕事をしていましたが、国内外の出張が多い仕事だったため、2人目の出産を機に退職しました。その後中学の非常勤講師として英語を教えることになり、子どもたちを保育園に預けている間や隙間時間を使いながら大学の通信教育課程で英語の教員免許を取得しました。10年以上教育の仕事に携わっている中で、1000人を超える学生との出会いがありましたが、私の考え方に共感して、想いを未来につなげてくれる教え子たちがいるということの素晴らしさに、大きなやりがいと生きがいを日々感じながら、英語を教えています」。
英語サロンだけでなく、サカママ同士の情報交換や悩みを共有する場として“アスリートフード講座&ランチ交流会”を自宅でスタートさせ、サカママたちにも大好評。
子育て&家事

レンジの待ち時間にメールしたり
隙間時間を無駄なく有効活用

林さんは、働く時間帯が曜日によって違うため、隙間時間を有効活用することで、仕事、家事、子育てを両立しています。「とにかく、1分でも時間を無駄にしないようにしていて、小さな手帳を常に持ち歩き、すべきことが浮かんできたらすぐに書き込むようにしています。そして、電車の中や病院などの待ち時間に手帳を見直して、今の時間でできそうなものをピックアップします。たとえば、電子レンジの待ち時間に短いラインやメールを送ったり、パソコンの立ち上がる待ち時間にお米を研いだりしています。とにかく隙間時間を見つけて、家事や育児、仕事や事務処理をこなす癖をつけることが大切です。仕事が片付く!と思うと、待ち時間にもイライラしなくなり、一石二鳥ですよ」。
もともと食事作りは苦手な家事だった林さんですが、息子さんのためにアスリートフードについて学んだことで、今では興味深い研究にかわり、毎日楽しく作れています。
サカママ

重荷と感じていたサポートも
発想の転換で楽しめるように

息子さんがサッカーを始めた当初はサッカーに興味が持てず、それに伴う諸々や付き合いなどが重荷だったと話す林さんですが、意識を大きく変えることで、面倒にしか思えなかったものが新しい学びとなったのだとか。「1年半前にトレーニングが本格化し、母のサポートが必至となった時に、『どうせやらなければいけないなら、楽しんでやらなければ時間の無駄になる!いっそのこと、そこから何かを学んで自分の糧にしてしまおう!』と発想を180度転換したんです。サッカーに詳しくない私でもできることは料理かなと思い、スポーツ栄養学について調べてみたら、とても面白くて。最終的にはアスリートフードマイスターの資格も取得しました。今はトレーニング後のケアや体幹なども学んでいます」。
食事やストレッチなどの体のサポートのほか、一眼レフを勉強してサッカーを撮影したり、ビデオ編集ソフトを駆使してチームストーリービデオの作成したり、サポートの幅もどんどん広がっています。
自分時間

自宅での英語レッスン前など
ちょっとした時間にブログを書く

林さんは、家事と同様に隙間時間を上手く使いながら、自分時間を楽しんでいます。「もともと文章を書くのが好きなので、自宅の英語レッスンの前などにブログを書いています。ブログでは、英語サロンやアスリートフード講座&ランチ交流会のことをはじめ、インテリア、ファッション、サッカーなど様々なことについて書いていますが、私のブログを読んでくださっている多くの方と思いを共有することが、今は楽しいですね。北欧インテリアにもはまっているので、仕事や家事の合間に、お気に入りの雑貨を飾ったり、収納や片付けにも精を出しています。時間に余裕があるときは、ヨガのDVDを見ることも。毎晩の晩酌も大切なストレス解消法です(笑)」。
北欧インテリアやヨガなど、日々の大好きなことについてブログに書いている林さん。ブログはこちらhttps://ameblo.jp/yokojero/
ママの時間割

AM

5:50
起床、家事
7:30
車で勤務先の高校へ出勤、長女・長男登校
8:50
授業開始
11:40
勤務終了

PM

12:30
帰宅、昼食
13:00
ブログを書く、英語レッスンの準備、家事、仕事のメール等チェック
16:00
自宅にて英語レッスン
17:00
夕食準備、長男夜練補食準備
18:00
夕食 、長男サッカーへ送迎
19:00
自宅にて英語レッスン
20:30
英語レッスン終了
21:00
長男帰宅、お風呂と夜食準備
22:00
長男ストレッチとマッサージ
22:30
長男就寝、晩酌
23:30
就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP