コラム

教えて!カントク!GRANDE FOOTBALL CLUB(埼玉県)坂口照幸総監督&リノ・ロベルト監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介! ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

構成/編集部
坂口照幸総監督&リノ・ロベルト監督
Q

中学年代のサッカー進路は
いつ頃から考えるべきでしょうか?

6年生になる頃には、考えて欲しいと思います。

Q

クラブチームにおける中学の部活動との違い、
部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

Jクラブ、他県の強豪クラブとのトレーニングマッチ、または、遠征や合宿などの経験の積み重ねがとても重要だと思います。クラブチームの良さは、専門の監督やコーチが子どもたちに良いトレーニングや知識を与えられること。また、プロのコーチである以上、結果がでない場合には、コーチが変わる可能もあります。よってコーチも本気で子どもたちと向き合うため、子どもたちも本気でトレーニングすることができます。

Q

中学年代の育成について、
大切なことは何だとお考えですか?

自分で考えて、自分で行動ができるように育てること。常に本気でプレーし、高い目標を掲げること。子どもたちに良いトレーニングメニューと環境を用意すること。安心してサッカーができる環境を提供することだと思います。

Q

クラブチームでの活動と学業は
両立できるでしょうか?

両立できるかできないかは、子ども自身が決めることだと思います。言われるのでなく、自分から決断した子どもはできています。すべては自分次第。我々のチームには慶応、筑波、浦和、学習院、早大高などの有名高に進学している選手もいます。

Q

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

一番の理解者であるべきだと思います。「親が指導者」になってしまう方がいますが、子どもの性格を分かった上で、子どもが今何を考えて、何に迷っているかを理解してほしいと思います。レベルが上がれば、悔しいことや、苦しいことなど、いろいろと経験します。子どもを甘やかすのではなく、見守りながら、常に寄り添っていただきたいと思います。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP