コラム

2017年12月25日

指導者たちの言霊。番外編「第41回全少出場監督インタビュー」-九州・沖縄エリア-

サッカージュニアの大会の最高峰といわれる「全日本少年サッカー大会(通称:全少)」。
第41回大会の決勝大会出場を決めた各チームの指導者の方に「今年のチームの特徴」「指導するうえでのこだわり」をお聞きしました。

小倉南フットボールクラブ ジュニア

ピッチ内外で自立した選手になるために

今年のチームは、誰かに頼らず全員で攻守にハードワークできることがストロングポイントです。また、チーム全体でボールを奪い、攻撃を仕掛けるチームです。選手たちには、ピッチ内外ともに、自分で観て、考えて、行動し、自分で判断できる、自立した選手になるように指導しています。


サガン鳥栖U-12

トレーニングの中から全力でチャレンジさせる

現チームの監督に就任して5年目です。今年のチームはセットプレーからの得点力が強みです。練習では、常に試合を想定してトレーニングの中から全力でチャレンジさせること、見て・判断して・責任もって行動することにこだわって指導しています。


V・ファーレン長崎U-12

プレーするための準備、挨拶や言動について厳しく指導

選手たちが自分にできることや役割を考えることにより、チームとして戦う戦術を理解し、実行している点がチームの強みだと思っています。
ピッチ内では、プレーするにあたり、準備すべきことについてはかなり厳しく指導しています。またピッチ外では、V・ファーレン長崎の一員であることを認識させ、挨拶や言動についても厳しく指導しています。選手には1人が挨拶をしないことにより、V・ファーレン長崎というチーム全体が良くない印象を持たれてしまうと伝えています。


ドリームキッズサッカークラブ

ボールを徹底して保持し相手に奪われないために

今年のチームは、ボールを持ったらドリブル突破でシュートで終わる、1対1に負けない、ボールを持ったらチャレンジすることができるのが特徴です。
サッカーを楽しむためには自由にボールを扱えることが最低条件であるため、練習でも試合でもボールを徹底して保持し相手に奪われないことが大事だと指導しています。選手たちには、味方にも渡さずドリブルしてシュートで得点して勝てばいい、チームが負けても自分が満足し楽しめたら勝ち、その代わり自分が奪われたら責任を持って取り返すこと、自分が上手くなることを目指しなさいと伝えています。ピッチ外においては、あいさつ・整理整頓・思いやりを持ち、そして1番目が勉強、2番目がサッカーだと徹底させています。


太陽宮崎SC

チームの合言葉は「自分に厳しく・雰囲気を大事に」

今年のチームは、スケールの大きい選手が多く、スピード・アグレッシブが特徴です。 技術では他のチームに衰える部分もありますが、縦のスピードとディフェンス力には自信があります。指導するうえで大切にしているのは、選手がどんなサッカーをしたいのかを理解することです。共通理解がないと選手は成長していかないと思うからです。「自分に厳しく・雰囲気を大事に」をチームの合言葉とし、選手の自主性を伸ばし、意見・考えを言える雰囲気作りを心がけてます。


イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP