コラム

2017年12月25日

指導者たちの言霊。番外編「第41回全少出場監督インタビュー」-関西エリア-

サッカージュニアの大会の最高峰といわれる「全日本少年サッカー大会(通称:全少)」。
第41回大会の決勝大会出場を決めた各チームの指導者の方に「今年のチームの特徴」「指導するうえでのこだわり」をお聞きしました。

アミティエ・スポーツクラブ草津

技術・意識・闘争心を大切に指導

選手個々の基本技術が高く、個人で局面を打開できる選手も多くいるのが今年のチームの1番の強みです。またFKやCKからでも得点がとれたことも都道府県大会で優勝できた要因です。
選手たちを指導するうえで大切にしているのは、技術・意識・闘争心の3つです。
技術とは、1人1人が個性を活かしてボールを持つことを楽しめる選手になるように、ドリブル・ボールフィーリング・1対1・球際の競り合いを磨く時間をしっかり確保し組織の中にあっても個として輝ける事を念頭において指導しています。
意識としては、オンザピッチ・オフザピッチ共に自分の行動に責任をもった自立した選手、サッカーに対する、それぞれの「捉え方、考え方」を持てる選手、そしてスポーツマンシップがある選手になるように働きかけています。
また、闘争心としては、勝ち負けがあるから楽しいと思えるよう、自分に、ライバルに、対戦相手に勝つ為の方法を自分自身で考えられる選手に、自分や周りの人たちに甘えることなく自分に対してチャレンジできる選手になるように育てています。


京都紫光サッカークラブ

大切にしているのは「楽しく厳しく」という言葉

現チームの監督になって22年目になります。今年のメンバーはチームワークがよく、組織的な守備と自由な攻撃ができるチームです。 
私が大切にしているのは、「楽しく厳しく」という言葉です。楽しむからこそ、厳しく物事に向き合えるし、自分に厳しく頑張るからこそ、物事を楽しめます。子どもたちにとってサッカーは自分の一番好きなことだと思うので、まずは精いっぱい楽しむことです。


西宮SS

試合では選手同士で話し合い、コーチ、監督はサポートするのみ

現チームの監督に就任して41年、全日本少年サッカー大会決勝大会へは初出場になります。
今年のチームは兵庫県トップリーグを4月から戦い抜き、前期後期あわせて無敗で優勝をかざりました。得点王に高山はやと選手が輝き、その他上位に3名が上がり、幅のある得点をあげる選手がそろいました。デフェンス陣も失点はリーグ最少で非常に安定した守りを見せました。登録メンバー15名のほとんどの選手が必ず試合に出場し、レギュラーだけで戦う試合は0です。誰が出ても遜色のないチームです。指導するうえでは、勝つことが目的じゃなく選手自身が自分で何が出来るかを考え、チームにとって何を必要とされているかを試合や練習の中で育てていく事が大事だと考えています。そのため、ほとんどの試合は選手同士で話し合い、コーチ、監督はサポートするだけです。それでも、クオリティーの高いサッカーを行っています。


ディアブロッサ高田FC U-12

コツコツ努力することの大切さを伝える

全日本少年サッカー大会決勝大会へ出場するのは、今年で16回目になります。今年はチームワークがよく、勝負強いチームです。日々の練習では、ドリブル・リフティングを中心にボールが自由にあつかえるように指導し、自分の目標・チームの目標に向かってコツコツ努力することの大切さを伝えています。


海南フットボールクラブ ジュニア

「身体操作性」を大事に指導

チームのストロングポイントは、チームワークです。攻撃も、守備も、全員の関係性を大事にしています。街クラブですので、飛びぬけた選手はいませんが、個と組織の使い分けを個々の判断で実践してもらえればと思っています。県大会で無失点優勝できたのは、全員でチャレンジ&カバーが出来た成果だと思います。
監督としては三年目ですが、選手の中には幼稚園から見ている選手もいます。指導するうえでは、「身体操作性」を大事にしています。どんなスポーツでもそうですが、身体を自由に扱えないと基本や技術も身につきにくいと感じたからです。そのため、トレーニングには視野を確保したままの技術練習や、重心移動、軸、中心を意識したものを継続して練習しています。


セレッソ大阪U-12

選手自身が考え行動できるように指導

今年のチームは、勝利に貪欲な選手が多いので、粘り強く、全力でプレーできています。また、全員が独特なプレーの感覚を持っており、観ていて楽しく勝利を目指して一生懸命戦えるチームです。
練習では、日々成長し、選手自身が考えて行動できるように指導しています。また、オフザピッチ(ピッチ外)でも、自ら考え判断して行動をすること、挨拶やマナー、モラル、整理整頓など、どのチームが見ても参考になるようなチームを目指し、日々感謝の気持ちを忘れないように指導をしています。『世界で活躍したい』という選手の夢に、少しでも近づけるように、私自身も日々努力しています。


イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 明治プロカル
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.24 2017 WINTER ISSUE (2017年12月発行)

この冬、親子で注目しよう!第41回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP