コラム

2017年12月25日

指導者たちの言霊。番外編「第41回全少出場監督インタビュー」-東海・北信越エリア-

サッカージュニアの大会の最高峰といわれる「全日本少年サッカー大会(通称:全少)」。
第41回大会の決勝大会出場を決めた各チームの指導者の方に「今年のチームの特徴」「指導するうえでのこだわり」をお聞きしました。

フォルツァ松本Jr

成功も失敗も何度も繰り返せる環境を作る

今年のチームは我が強く闘争心が強い子が多く、長野県大会は無失点で優勝できました。
選手たちを指導していく中で、自分で行動し、成功も失敗も何度も繰り返せる環境を作りました。時間はかかると思いますが、教えられたものでなく 自分で経験したことは体に染みつくので その場ではうまくいかないかもしれませんが、ユース(18歳)で活躍できる選手になるよう育てています。


アルビレックス新潟U-12

5年後10年後、輝ける選手になるために

チームとしてのまとまりがあり、試合に勝つために「何をすべきか?」というところから逆算してプレーしていることと、その中で「相手の邪魔が入った時にはどうプレーすべきか?」を常に考えているところは、県大会において他のチームと違いがあったと思います。
私自身、選手を指導する上での目標は、「5年後や10年後に、どんなチームに行っても、どんな監督のもとでも、どんなサッカースタイルでも、どんな仲間とプレーしても輝ける選手になってほしい」です。そのためには、チームとして「こういうサッカーを目指してプレーしていく」というプレーモデルを与えた上で、『目的を達成できるように、自ら考える→それを行動に移す→起こした行動に対して、「目的を達成できたか」などについての振り返りをして次に生かす』というサイクルを、選手自身で回せるようになることが大事であると考えているので、それを選手たちに実践してもらっています。
また、輝ける選手になるためには、「自立」が重要です。自立のためには、ピッチの中だけではなく、ピッチ外での自立も重要であるとの思いから、我々のクラブでは試合の際のグラウンド設営(ピッチのライン引きなど)を自分たちで行ったり、1泊2日の合宿を行い、選手たちだけで食事を作る(作り方も、自分たちで調べる)ことにも取り組んでいます。自立するにあたって、年齢が早すぎるということはありません。そういったピッチ外の取り組みから、「自立」や「相手の立場になって物事を考える」ことも身につくのではないでしょうか。


水橋FC

将来、親子で「サッカーをやっててよかった」と思えるように

水橋地区5つのスポーツ少年団が少子化の影響を懸念し、統合して20年目。県大会では6試合中、4試合PK戦にて勝利しました。守りを中心に最少失点で、PK戦をものにして、4年ぶり3回目の出場となります。学年スローガンは「ハードワーク」、全員攻撃・全員守備が特徴です。
また、チームスローガンは「サッカーで成長しよう」。サッカーを通して「挨拶などの礼儀」や「失敗、修正、成功」体験の場が最大のテーマです。他に「嬉しい」「悔しい」など、子どもの成長を促すさまざまな体験が出来る環境づくりにも取り組み、将来、親子で「サッカーをやっててよかった」と思えるように、チームみんなで頑張っています。


リオペードラ加賀

個の成長にフォーカスした指導を心がける

県大会では5試合24得点と、攻撃型のチームです。コミュニケーションスキルが高く、自分達で試合前の雰囲気作ることもできています。
指導するうえでは、ストレスなくボールを扱え、選手が高校生以上になっても活躍できるように、主体性を持った行動や、個の成長にフォーカスした指導を心がけています。


大虫サッカースポーツ少年団

ワンプレーを100%でやることが大事

大虫サッカースポーツ少年団は、前線から守って、後ろから攻めるチームです。選手たちには常々、「ワンプレーを100%でやる」「チームワークを大切にする」ことを伝えています。


清水エスパルスU-12清水

考える習慣がつくように意識して指導

大きな大会や拮抗した試合の中でも力を発揮することが出来るメンタリティーがあり、適応能力があるチームです。選手たちには、ピッチ内外で自分自身で考えて行動やプレーができるようになってほしいので、考える習慣がつくように意識して指導しています。また、サッカーでは、個人技術と個人戦術を小学生年代で獲得できるように取り組んでいます。


名古屋グランパスU-12

挨拶、自立、自己管理ができる選手に

今年のチームは、攻撃的なチームだと思います。愛知県大会では、5試合で28得点をあげる事ができました。この攻撃力をいかし、全国大会では、1点奪われても2点奪う、2点奪われても3点奪えるような試合をしていきたいです。
指導するうえで大切にしていることは、「挨拶(相手の目を見て、元気よく)」「自立(自分の事は自分で行う)」「自己管理(食事、睡眠、勉強、セルフケアー)」です。バス、電車の乗り方、宿舎、グランドの利用の仕方などルール・マナーを守ること、取組む姿勢(最後まで諦めない、オープンマインド)、チームワーク(思いやり、行動、言動)、チームの為に役立つプレーができるようにも務めています。また、困っている人がいたら助ける、感謝の気持ちを忘れない、物を大切にするなどよい習慣が身につけられるようにも指導しています。


FC.Avenidasol U-12

選手が自主的に判断し、意図的にプレーができるよう指導

今年のチームには、4年生1名、5年生2名が入り、予選大会では、平均得点3.37点 平均失点0.37失点、全ての試合で先制点を取り、一度もリードをされることはありませんでした。選手たちには、サッカーの原理原則に沿って、選手が自主的に判断して攻守共にプレーを意図的に行うこと、生活面や食事面、試合までの準備・整理整頓などへの意識を持つことの大切さを伝えています。


イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 明治プロカル
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.24 2017 WINTER ISSUE (2017年12月発行)

この冬、親子で注目しよう!第41回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP