コラム

2017年12月25日

指導者たちの言霊。番外編「第41回全少出場監督インタビュー」-関東エリア-

サッカージュニアの大会の最高峰といわれる「全日本少年サッカー大会(通称:全少)」。
第41回大会の決勝大会出場を決めた各チームの指導者の方に「今年のチームの特徴」「指導するうえでのこだわり」をお聞きしました。

鹿島アントラーズつくばジュニア

アントラーズスピリッツ『献身・誠実・尊重』を大切に

今年のメンバーは、日々切磋琢磨している中にもお互いに思いやりがあり、非常に仲の良いチームです。県大会では無失点で代表権を勝ち取りました。
アントラーズスピリッツである『献身・誠実・尊重』という言葉の通り、ピッチ上ではチームのためにハードワークし、あらゆる物事に純粋な精神で接し、常に感謝の気持ちをもって行動すること。アントラーズの選手であるという誇りをもって、自分の目標に向かって本気で取り組み、困難に立ち向かえる人間になってもらいたいと日々活動しています。
また、目的意識をもって物事に取り組むことも大切にしています。そのトレーニングは何を身につけるためにやるのか、この学習をすることで何を得られるのか…。自分のあるべき姿に近づくために、ただ与えられることをこなすのではなく、何のために物事に取り組むのか、またどのように工夫したらよいのかを自らも考え行動できるような選手たちでいてもらいたいと思っています。


栃木SCジュニア

自分にしかできない自分らしさを持てるように接する

サッカーや学校生活において、何かうまくいかないとき、苦しいときこそ、自分の弱い心を持ち上げること、自分の弱っている心と向き合い、戦うことを大切にしてきました。選手にはできる、できないの評価だけではなく、自分にしかできない自分らしさを持てるように接しています。どんなに小さな事でも、個人個人の役割・使命と存在価値を大切にしています。チームのストロングポイントは「粘り強く守備をする」「ボールを奪いにかかる」「ゴールに向かうプレーを多く作り出せること」です。


PALAISTRA U-12

ピッチ内では好きなプレーを選択させる

予選大会では、1失点22得点で全国大会の切符を手に入れました。今年のチームは下の学年の面倒見がよく、ONとOFFがはっきりしているのが特徴です。ピッチ内では好きなプレーを選択させて見守り、挨拶、行動、返事、人としてのマナーには気を付けるように指導しています。


大宮アルディージャジュニア

選手自身の判断を奪うようなコーチングはしない

各ポジションに特長を持った選手がいて、チーム一丸となって同じ方向を向いて戦うことができるチームです。選手自身が観て考えて判断してプレーするよう働きかけ、選手たちが判断のないプレーをしないよう見守っています。また、選手自身の判断を奪うようなコーチングをしないこと、ピッチ外では、挨拶や整理整頓など当たり前のことが当たり前にできること、周りに気を配り、気づいて動ける人間になれるよう指導しています。


柏レイソルU-12

選手一人一人に寄り添う指導

私が指導する中で大切にしているのは、選手一人一人に寄り添うということです。より良くなるために選手と課題を共有して取り組んでいます。今年のチームは選手一人ひとりに特徴があり、それぞれの個性をピッチで表現できるため、攻撃的なサッカーが展開できています。


横河武蔵野フットボールクラブジュニア

一貫指導のもと基本技術を徹底

今年のチームは個の突破とパスワークを活かした攻撃的なチームです。我々のクラブは、ジュニア、ジュニアユース、ユースと繋がりのあるクラブですので、一貫指導のもと個々の止める・蹴るの技術、状況を観る力、判断能力といった基本技術の徹底をしています。また、ピッチ外では選手の自立を促すため、選手が自己判断し、行動する場面を失わないように気をつけています。


川崎フロンターレU-12(代表)

日常生活から選手たち自身で考える習慣が大事

今年のチームは、全体的に身体のサイズは小さいですが、テクニックや判断力に関しては自信があります。選手たちには、全てを教えるのではなく、選手自身に考えさせ行動を促すように指導しています。サッカーでは、はっきりとした答えがあるわけでは無いので、日常の生活から選手たち自身で考える習慣が大事だと思っています。


イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 明治プロカル
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.24 2017 WINTER ISSUE (2017年12月発行)

この冬、親子で注目しよう!第41回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP