コラム

2017年12月25日

指導者たちの言霊。番外編「第41回全少出場監督インタビュー」-北海道・東北エリア-

サッカージュニアの大会の最高峰といわれる「全日本少年サッカー大会(通称:全少)」。
第41回大会の決勝大会出場を決めた各チームの指導者の方に「今年のチームの特徴」「指導するうえでのこだわり」をお聞きしました。

北海道コンサドーレ札幌U-12

人事を尽くして天命を待つ

私が指導するうえで大切にしているのは「人事を尽くして天命を待つ」ということのみです。今年のチームは、身体的に他チームより特化し、ボールも動かしつつダイナミックにプレーできると感じています。


リベロ津軽SC U12

一人一人のキャラを発掘し、個性を引き出すことを大切に

今年のチームは運動量と体を張った守備が特徴です。一試合において自チームの選手が成長するためには相手よりもボールをたくさん触らなければいけません。そのためには“ボールを奪う”という個人の守備力の向上は必要不可欠です。したがってその点をチームで共通理解し、守備力の向上とそれを支える運動量の向上を日々意識してきました。攻撃においてはボールを大事にしながら個人個人が相手を観て自分のプレーの選択を決められるように取り組んでいます。
指導するうえでは、ピッチ内外においてあまり選手との距離感や壁を作らず、メリハリのある行動を心掛け、個性を引き出す作業を大事にしています。選手一人一人個性があるので、その個性を引き出すことができればサッカーに対する取り組み方やプレーも変わってきます。時には選手と一緒に冗談を言い合ったり、時にはピリッとした雰囲気に締めてみたり、そういったメリハリをつけることによって選手もオンとオフの区別を付けられるようになりますし、より集中して自分を高めることができると思います。ですので、サッカーを教えることよりも、まずは一人一人のキャラを発掘する作業から始めています(笑)


MIRUMAE・FC・U-12

普段のトレーニングで将来は決まる

今年のチームは、県大会では無失点で優勝できました。ただ、全国大会に出ることで将来は決まらない、普段のトレーニングで将来は決まるということを選手たちには伝えています。試合の結果で一喜一憂するのではなく、普段のトレーニングに対する意識を高く持つことが大事だと思うからです。


ACジュニオール

サッカーを通して、人として大切な事を身につけるよう指導

女子選手で10番・キャプテン・センターバッグの石井愛瑠を軸に、県大会では1失点で優勝できました。また、球際の強さと読みを活かした連動した守備と、組み立て・崩し・フィニッシュを意識しながら個人での局面打開、サイドでのグループでの崩しを活かしての攻撃を得意としているチームです。
活動の中で、0~80まではサッカー以外の人として大切な事をサッカーを通じて学び・身につける、80からがサッカーを学ぶ事を指導理念とし、自ら考えて行動し・問題を解決する能力を身につける事、目標に向かい努力し続ける事を指導しております。また、グラウンド外の生活とグラウンドの中でのプレーは常に=(イコール)であることを言い続けています。


本荘南サッカースポーツ少年団

攻守にバランスが取れたチーム。県大会期間中に、チーム、個人が成長

サッカーの基本的な部分を中心に、トレーニングの中で基礎→発展へ繋がるように注意 しながら、指導を心掛けています。また、ピッチ外では、自分達の試合の準備に関わる備品の準備は勿論の事、周りの人への感謝の気持ちを忘れないように指導しています。
今年のチームは、攻守にバランスが取れていて、ドリブル、サイド攻撃と、一人ひとりの発想から、多彩な攻撃のバリエーションが組める事を得意としています。高い位置からのプレッシャーをかける事が出来た事、攻守ともにハードワークが出来た事など、県大会期間中を通して、チーム、個人が成長出来た事が、都道府県大会での優勝に繋がったと思います。


アバンツァーレ山形SC

「全力の今日の積み重ねが明日の自分」がチームコンセプト

私は指導するうえで、準備について大切にしています。「全力の今日の積み重ねが明日の自分」をチームコンセプトとし、頭の準備、心の準備、体の準備を日々の練習の中でこだわっています。準備をするうえで、様々な場面での「自分の置かれている状況」を理解することは、サッカーだけでなく私生活の部分でも大きく役立っているようで、その私生活の部分がサッカーにも表れてきています。今大会の県大会で試合を重ねるうえで成長し優勝できたのもこういった心構えがポイントだと感じています。チームとしては、まだまだ未完成ですが、毎試合毎試合で成長し、セットプレーを得点源とし、コーナーキックは、2~3本で1点決められるほどです。


アストロン

保護者の姿勢も変わるように指導

身長163㎝の選手もいれば142㎝の選手もいる。という具合に見た目も個性も学校も違う選手たちの集まりのチームです。なのにどう言うわけかほどほどに仲がいいんです。優勝できた要因は手堅い守備力。PK戦に強い高木謙心、得点力の高い黒澤豪、大型の猪狩歩望にも注目していただければと思います。
私は、選手の指導だけでなく、「自分ことは自分でやる」「始めは見守りから、口は出しても手は出さない」など、保護者の姿勢も変わるように伝えています。子どもの試合を観ていると、親は子どもに言いたいことがいっぱいあると思います。ですから、保護者の方には「1つだけは言っても良い、でも1つ言う時は3つ以上頑張っているところを見つけて良いところから話してあげましょう」と伝えています。昨今の子どもたちは我がままに育つ傾向が強いことから、日常から変えないと逞しいサッカー選手には育ちません。食事も残すことのないよう、体づくりの大切さも教えています。


イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 明治プロカル
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.24 2017 WINTER ISSUE (2017年12月発行)

この冬、親子で注目しよう!第41回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP