コラム

2017年12月25日

大舞台で輝きを放つのは?チームの注目選手をPick up!-中国・四国エリア-

決勝大会の切符を手にした全48チーム。ここでは、大会に出場するチームの紹介と、監督やコーチに聞いた注目プレーヤーをご紹介します。選手たちの得意プレーや決勝大会へ向けた意気込み、監督のお墨付きコメントも要チェック!

鳥取KFC U-12
上田弘樹

上田弘樹選手(MF/小6)

チームでの役割は、前線の味方に正確なパスを出すことと、相手にシュートを打たせないことです。決勝大会ではベスト8を目指したい

頭脳派のプレーヤーで、試合中に相手の特徴・ストロングポイントを見つけ出し、ケアーができます。派手さは無いが、そつが無いのが彼の良さです

宮脇正好選手(MF・DF/小6)

得意なプレーは1対1のディフェンス。全国レベルの選手にも1対1は絶対に負けないようにします。将来は、世界で通用するプレーヤーになりたい

DFでは、相手の一瞬の抜け出しにも対応でき、特に自チームのピンチでは、スライディングで、相手攻撃の芽を摘んでくれます。12月26日は、お母さんの誕生日で、5年時に出場した去年のこの全国大会で、お母さんと約束したゴールを決め、その1点が決勝点となりました。今年も同じ日に試合があるので、再度ゴールを期待します

宮脇正好選手

大社少年サッカークラブ
金山颯汰

金山颯汰選手(MF/小6)

キャプテンとして常に声をかけ、みんなを盛り上げ、自分の出来ることを出し切って1つでも多く勝ちたい。目標はベスト8

藤井光男監督

ゲーム分析ができ、ハーフタイムでは的確な支持が出せる

山岡楽太郎選手(DF/小6)

決勝大会では、無失点&CKで競り負けずゴールする。将来はプロサッカー選手になって世界一のFPになる!

藤井光男監督

最終ラインから指示を出すディフェンスリーダー

山岡楽太郎
石原未蘭

石原未蘭選手(MF・FW/小6)

トップスピードで相手を抜くドリブルでどんどん仕掛けて行きたい。夢は、プロサッカー選手になって、FCバルセロナでプレーすること

藤井光男監督

チーム得点王。類まれな得点感覚を持つ


Jフィールド津山SC

大谷 奏選手(MF/小6)

チームの中での役割は、キャプテンとして皆がしんどい時間帯こそ、声を出す事を忘れず、足を止めず誰よりも走ること。予選で戦った他のチームの思いも背負い、チームメイト一丸となって優勝できるように頑張りたい

田渕幸一監督

キャプテンでもあり、チームをしっかりリードしてくれています。試合の方でも、チームの中で一番走り、プレー自体は決して派手ではありませんが、献身的にプレーしてくれます。チームメイトからの信頼度も高いです

大谷 奏
中島誌遠

中島誌遠選手(DF/小6)

決勝大会では優勝を目指して、一戦一戦大事に戦う。将来の夢は、日本代表のサッカー選手になるため、高校は名門校に入りアピールし、大学に行き日本代表に招集される選手になること。海外でもプレーしたい

田渕幸一監督

ディフェンスの中心選手です。中島がいるといないでは、ディフェンスの強みが全然違います。ヘディングの強さを武器に、セットプレーで得点も奪えます。チームの中の信頼度も高いです


サンフレッチェ広島F.Cジュニア

中川 育選手(FW/小6)

キャプテンとしてプレーでみんなを引っ張っていき、自分の得点でチームを勝たせる。将来はネイマールみたいなサッカー選手になりたい

渡辺康則監督

チームのキャプテンで苦しい時にチームを引っ張っていけ、ゴールでチームを勝利に導ける選手

中川 育
松本夏寿磨

松本夏寿磨選手(DF/小6)

得意なのはボールを奪うことや足の速さを活かした抜け出し。無失点で全国制覇!

渡辺康則監督

チームの副キャプテンのような存在。DFの要で、1vs1の対応やカバーリング能力が高い。攻撃力もある


栃木SCジュニア

米田百佳選手(FW/小6)

スピードでサイドを駆け上がってからのクロスやシュートが得意。みんなの力を出しきって少しでも多く勝ちたいです。将来の目標は、なでしこジャパンに入って、ワールドカップで優勝すること

濵砂銀次朗監督

今年はキャプテンということでいろいろと大変だったと思いますが、チームがまとまっているのはキャプテンの頑張りのおかげです。スピードとパワーがあります。将来が楽しみです

米田百佳

横河武蔵野フットボールクラブジュニア
藤原仁誠

藤原仁誠選手(FW/小6)

得意なプレーは、相手を騙す(逆をつく)ドリブルや相手を引き付けてからのスルーパス。キャプテンなので試合では僕が得点をとって皆を引っ張っていき、決勝トーナメントに勝ち進みたい

藤原 誠監督

足元の技術が非常に高く、ドリブルが得意で試合でもドリブルで相手を何人か引き付けてからのパスやゴール前でのアイデア溢れる攻撃はとてもおもしろい。藤原が攻撃の起点となってチームを引っ張っています。大事なゲームでは必ず得点をあげてくれる頼もしい選手。県大会の準決勝ではハットトリック、決勝では2ゴールを決めました

下田 廉選手(DF/小6)

チームでの役割は、相手の攻撃を食い止めて、自分達のボールにし、そして藤原に縦パスを繋げること。決勝トーナメントに勝ち進み、無失点で終わりたい

藤原 誠監督

チームの守護神的存在で、何度もピンチを救ってくれる選手。チームメイトからの信頼も厚い。次の展開を先読みして相手の攻撃を食い止める。インターセプトが得意。DFながらチャンスと思えば相手ゴール前に駆け上がります

下田 廉

FCゼブラキッズ

北野心唱選手(MF/小6)

得意なプレーはドリブル。負けたチームの分まで全力で頑張ります

向井洋輔監督

左右のシュート力がある。ドリブルにスピードがある

北野心唱

大野晃政選手(FW/小6)

向井洋輔監督

ボールを収めるポストプレー、ドリブルの技術はチームでも1番。また、シュートの決定力もある


宿毛FC
濱口達也

濱口達也選手(DF/小6)

キャプテンとして声を出し、高知県代表として戦ってきた仲間の分まで頑張りたい。将来はマンUでプレーするのが目標

黒岩県一郎監督

キャプテンとしてチームを引っ張ってくれる存在

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

インフォメーションインフォメーションをもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.25 2018 SPRING ISSUE (2018年4月発行)

観戦すれば、サッカー力につながる!ロシアワールドカップ

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP