コラム

2017年12月25日

大舞台で輝きを放つのは?チームの注目選手をPick up!-関西エリア-

決勝大会の切符を手にした全48チーム。ここでは、大会に出場するチームの紹介と、監督やコーチに聞いた注目プレーヤーをご紹介します。選手たちの得意プレーや決勝大会へ向けた意気込み、監督のお墨付きコメントも要チェック!

アミティエ・スポーツクラブ草津
竹山 心

竹山 心選手(MF/小6)

一人一人の特徴を観察して、チームをまとめるのが役割。決勝大会では勝利にこだわり、ミスを恐れず強い気持ちを持ってチャレンジし続けます。世界で通用するプロサッカー選手、世界を代表する司令塔になるのが夢

蓑方直輝監督

チームをまとめるリーダーシップがある。視野が広くゲームを読む力に長けている


京都紫光サッカークラブ

安藤友敬選手(MF/小6)

DFからボールを受けドリブルやパスでチャンスメイクし、チーム初のベスト4をとります

長谷川佳弘監督

オフェンス面でチームをまとめてゴールに結びつけている

安藤友敬
山野太陽

山野太陽選手(DF/小6)

後ろから声を出したり、裏にボールを蹴ったりするプレーが得意。将来は世界で活躍するサッカープレイヤーになりたい

長谷川佳弘監督

ディフェンス面でチームをまとめ、守備の中心


海南フットボールクラブ ジュニア

澤田蒼志選手(DF/小6)

得意なプレーは、守備の1対1とボールキープ力。キャプテンとして、みんなをまとめ、予選ラウンドを突破して、決勝ラウンドに進みたいです

橘寛之監督

チームのキャプテンであり、チームの柱。保護者の方も食育、睡眠のサポートの大切さを知っておられ、身体の成長も一番伸びた選手です。身体が大きくなった分、パフォーマンスも上がり、絶対的な存在に成長しました

澤田蒼志

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 明治プロカル
  • くもんの説明会はこちら
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.24 2017 WINTER ISSUE (2017年12月発行)

この冬、親子で注目しよう!第41回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP