コラム

かけっこ一等賞の作り方

小学一年生まではかけっこが大の苦手

今日はかけっこ一等賞の作り方についてお話ししたいと思います。

我が家の長男は小学2年生で、小学1年生まではかけっこが大の苦手でビリ1位2位を争うような子でした。

それがなんと、今年は運動会でチームを引っ張るような存在になり、なんと練習の際から本番までずっとかけっこ一等賞でした

そんな息子のことを分析してみました。

かけっこ一等賞の作り方
かけっこ一等賞の作り方

まずはかけっこビリだった1年生からこの一年間を振り返り、息子が成長したところを模索してみます。

幼い頃はズボラな私のせいで、公園遊びも少なく、体型もぽっちゃり頭でっかちだった息子は決してスポーツマンタイプではなく、お友達が身軽にジャンプする高台からはずり落ちるようなおっとりした子でした。

幼稚園の頃はお勉強が得意で、小学校受験をするような、いわゆるお坊ちゃんタイプで、主人の運営するサッカースクールや、ヴィッセル神戸のサッカースクールに入れてはみたものの、お友達を立てて優しすぎる良い子ちゃんで、スポーツの世界はあまり向いてないかもね…とよく主人と話をしていました。

習い事は、わたしが運営する幼児教室、算数教室、そろばん、英語、空手、水泳、そしてサッカーでした。

もちろん幼稚園の運動会では、いつもビリタイプで、幼稚園の通知表も体育はあまりいい評価ではなく、なわとびや鉄棒、マット運動なども不得意でした。

そんな息子が小学校に上がり、休み時間や放課後お友達とサッカーばかりする日々に変わりました。そして、サッカーをもっとやりたいと言い出したのは、以前にも書いたように息子が1年生の二学期、主人のサッカー選手引退を発表した頃です。

その頃、ペルージャスクールの通常スクールに入り、しばらくしてエリートクラスに入れて頂き、主人が息子の為にと自ら教えるテクニカルコースを開校するなど、サッカーの環境を整えて行きました。

幼稚園の運動会では、いつもビリタイプ

そして、パーソナルトレーナーを付けたり、ヨガトレを少しずつ取り入れたり、習い事としては水泳を辞め、サッカーを増やし、陸上のコーチを付け、走り方の基礎を学び始めました。

2年生に上がり、息子の転機ともなる妹のスケート生活が影響し、コーチからお誘い頂き、スケートを始めることにもなりました。

息子曰く、コーチからはバランスが悪いからスケートをしているとバランスが良くなりサッカーにも役立つわよと言われていて、ますますやる気で二足のわらじを履くことになりました。笑笑

そして、2年生からはサッカーチームに所属し、土日は遠征ばかりの試合三昧になり、電車も一人で乗れるようになり、笑笑、社会勉強も増えてきました。

今秋からはスケートクラブにも所属することになりました。

そして2年生の運動会

二年生の運動会

断トツの一等賞
私たちはかなりびっくりでしたが、運動会の同じチームの子たちから、練習からいつも活躍してくれてたよと声をかけてもらったり、本人もすごく自信がついてるように感じました。

お友達の影響でサッカー選手を目指すようになり身についた負けん気や将来の夢を見つけたこと、陸上トレーニングでは走り方の基礎、スケートではバランスと筋力と個人努力を学び、ヨガトレで柔軟性と姿勢バランスなどが重なり、本人の夢を叶えたい気持ちと運動能力が一致してきたのかなそれが運動会での一等賞で結果として現れ始めたのかなと感じました。

主人も、今まで息子の事をダメだダメだと言っていたのですが、メキメキとサッカースキルも付いてきていると感じたようで、太鼓判を押し始めていて、わたしの環境整備という名の作戦勝ちと小さくガッツポーズしました。笑笑

断トツの一等賞

この先どんな道に進むのかは息子次第ですが、夢を掴む力は身につきつつあるのかなと、少し息子の成長を見ることができて、嬉しい出来事となった今年の運動会でした。

そして、運動神経、運動能力と言いますが、ある程度のところまでは、環境と努力でなんとかなるんじゃないかなと。それ以上に行くには、更なる本人のプロフェッショナルな意識の高さと更なる努力が必要なんでしょう。

スポーツの道、勉学の道、芸術の道などたくさんの可能性を持つ子供たちには、未来のイノベーションを起こしていくリーダーになり、世の為人の為に活躍してくれたらなと願ってます。

がんばれ未来をつくるキッズたちー

わたしはそんな子供たちのサポートがもっともっとできるようにまた日々学んでいきたいと思います

相馬れいこさん

相馬れいこさん

神戸市在住 1984年6月12日生まれ 
職業 ファッションモデル/会社経営
2009年1月11日に当時 浦和レッズに所属していた相馬崇人選手と入籍、その後渡欧。
夫の移籍と共に約3年間ヨーロッパ(ポルトガル、ドイツ)での生活・子育てを経験、帰国し神戸にて会社を立ち上げSomaHouseサッカースクール/キッズスクールを運営する。(株式会社SOMA)現在二児のママ。

雑誌:VERY,CLASSY,JJ
SHOW:神戸コレクション
CM:JT Roots飲んでGO 秦さん編、カネボウ テスティモ など多数

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP