コラム

2017年10月03日

今日から実践しようケガ予防トレーニング-オスグッド病の予防にも!もも前ストレッチ-

サッカージュニアたちは、日々練習を頑張っているのだから、ケガで試合に出られない……なんてことは避けたいもの。 そこで、ケガを予防するための方法を「NIKE ACADEMY TOKYO」でアスレティックトレーナーを務める鈴木友規さんにうかがいました。 ここで紹介するケガ予防トレーニングを取り入れて、ケガをしない体を目指しましょう。

文/編集部
写真/雪岡直樹
鈴木友規さん
お話しをうかがったのは

鈴木友規さん

「NIKE ACADEMY TOKYO」※のアスレティックトレーナー。鍼灸按摩マッサージ指圧師。専門学校卒業後、川崎フロンターレの育成部でトレーナーとして活動し、2012-13シーズン、ドイツ・ブンデスリーガ1部SV ヴェルダー・ブレーメンのトレーナーに。2016年よりNIKE ACADEMY TOKYO に所属。

※世界で通用する選手を育成するために、日々進化するfootballに合わせてトレーニングメニューを開発している「NIKE ACADEMY TOKYO」。世界基準のメソッドを全国のサッカープレーヤーに提供する活動を行っている。

オスグッド病の予防にも!

もも前ストレッチ

もも前の筋肉は膝につながっているので、硬い状態のままにしておくと膝に負担がかかり、オスグッド病を引き起こすことにも。日頃からケアするようにしましょう。

伊澤亮佑くん

もも前のばし1

脚のつけ根から、もも前をしっかりのばしていきます。お風呂あがりなど、日課にするのもオススメです。

膝立ちの状態をつくる

膝立ちの状態をつくる

左脚の膝を90度に立て、右脚の膝は床につけます。膝が痛い時は、床と膝の間にタオルを敷きましょう。

脚のつけ根から、もも前をのばす

脚のつけ根から、もも前をのばす

右脚の甲をもって、お尻に引き寄せます。脚のつけ根から、もも前がのびていることを意識しながら20秒キープ。同様に逆も行います。

もも前のばし2

膝に痛みがある場合は、こちらのストレッチを。手順と膝の位置に注意しましょう。

横向きに寝る

横向きに寝る

右手を枕にして、横向きに寝ます。体が一直線になるように。

脚を引いてから足首をつかむ

脚を引いてから足首をつかむ

上側の脚を後ろに引いてから、足首をつかみます。膝が上にあがらないように気をつけながら20秒キープ。同様に逆も行います。

一緒にCheck!

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP