コラム

2017年08月16日

サッカー日本代表専属シェフ西 芳照さんしか知らない代表選手の食事と習慣

第9回サカママフェスタのキリン・トロピカーナ Presentsスペシャルトークショーでは、サッカー日本代表専属シェフ・西 芳照さんが登壇。海外遠征試合に帯同した西シェフだからこそ知っている、代表選手の「食とサッカー」についての秘話は、キッズのサッカーサポートにも役立つはずです。

文/編集部 写真/菅原 景、菅原 工
西 芳照さん
#01

帯同する時に“ご飯のお友”は
欠かせません!

私が最初にサッカー日本代表に帯同したのは今から約13年前。その時に選手に提供したのはうどん、おにぎり、味噌汁でした。以来ずっと選手たちが、現地でもたくさんご飯が食べられるように、納豆、ふりかけ、海苔の佃煮など“ご飯のお友”を必ず持参していきます。

“ご飯のお友”は欠かせません
#02

トロピカーナは
朝・昼・晩の毎食必須

遠征の食事で欠かせないのが100%ジュース。トロピカーナを朝・昼・晩の食前に毎食出すようにしています。試合の3時間前は、100gのおにぎり2個とうどん一杯分(250g)、そしてトロピカーナが定番です。特に、トロピカーナ 100%まるごと果実感(オレンジ)は、ビタミンC・クエン酸を手軽に摂ることができるので、成長期のお子さんもトロピカーナを積極的に活用するといいでしょう。

トロピカーナは朝・昼・晩の毎食必須
#03

試合前は
鶏のムネ肉がオススメ

代表選手からは、疲労回復効果もあるといわれている鶏のムネ肉が人気があり、試合当日にだすこともあります。鶏のムネ肉は75度くらいで調理すると、やわらかくおいしく食べられます。鶏肉ならムネ肉を、豚肉ならバラ肉を、お子さんの試合前日や当日に、揚げ物以外で調理してあげるといいですよ。

試合前は鶏のムネ肉がオススメ
#04

試合前の2日間、
揚げ物はNG

日本代表に帯同する際、一カ月の長丁場であればラーメンや餃子など選手からリクエストがありますし、試合の4日前までならある程度自由に食事を提供します。ただし、試合の2日前からは、揚げ物などの油料理で油脂を摂ると設定カロリーを超過してしまうのでNG。炭水化物中心の食事になります。子どもたちの場合は、揚げ物は毎日でなければ大丈夫です。運動した分のカロリーを食べ物で補えれば一番いいと思います。

試合前の2日間、揚げ物はNG
#05

上手い選手ほどフルーツの
大切さを知っています

一般的に他のスポーツ選手に比べて、サッカー選手の寿命は短いと言われていますので、選手たちはより健康に気を配っています。プロサッカー選手になると、最初の研修で栄養学を学び、バランスの良い栄養の摂り方やビタミンCの大切さを教わります。ですからフルーツの重要性や、栄養の知識を持ち合わせているので、サッカーが上手い選手ほど食事にこだわり、自発的に100%ジュースを飲んでいるのです。

#06

日本代表の「勝負飯」は
ウナギの蒲焼き

よく「勝負飯」といえば、ゲン担ぎでカツ丼が挙げられますが、先ほど申し上げたように揚げ物なのでNGになります。試合前は炭水化物を摂ってほしいので、日本代表の「勝負飯」は、試合前夜に出すウナギの蒲焼きです。選手が食べきってしまって、いつもスタッフの分まで回りませんが(笑)、帯同する際は、ウナギはいつも日本から持っていくようにしています。

日本代表の「勝負飯」はウナギの蒲焼き
#07

一番大事なのは
100%ジュース

2015年、新監督の就任時に、日本代表専属シ ェフとして挨拶に行った際に「一番大事なのは100%ジュース。そしてお肉はウェルダン、それは守ってほしい」と言われました。お肉の焼き加減のリクエストは、火がしっかり通っていれば身体の消化によく、胃に負担をかけないためです。フルーツに関しては、食事の場にオレンジやパインなど、皮をむいた状態で果物を置いておき、自分たちでジューサーに入れて飲むようにもしています。フルーツの重要性を監督は理解しているのでしょう。

一番大事なのは100%ジュース
福島県出身の西さんが語る

東日本大震災と東北への想い

東日本大震災から約半年後に、Jヴィレッジ(サッカーナショナルトレーニングセンター)の食堂を再開しました。それは復興作業員の方に、少しでも温かい料理を提供したいという思いがあったからです。多くの代表選手からも励ましの言葉をいただき、今もなお頑張ってくれている選手もいます。Jヴィレッジも、来年の夏には一部を、そして2019年春には全面的な営業再開を予定し、2020年東京五輪のサッカー日本代表の合宿予定地としても名前が挙がっています。また福島県に緑の芝が戻ってくることを嬉しく思います。

Challenge
トークショーで出題された

◯×クイズにチャレンジ

トークショーの後に行われた〇×クイズをやってみよう!

◯×クイズにチャレンジ
◯×クイズにチャレンジ
◯×クイズにチャレンジ
Check

キリン・トロピカーナのブースは大人気

「果実のチカラ クイズブース」では、キリン・トロピカーナ賞品がプレゼントされました。クイズが解けた喜びと、おいしいトロピカ ーナがもらえたことで、キッズも親御さんも満面の笑みに!

キリン・トロピカーナのブースは大人気
キリン・トロピカーナのブースは大人気
キリン・トロピカーナのブースは大人気

サカママ'sVOICE

アップルとフルーツミックスが好きです

吉見美智子さん・広大くん(8歳)

息子は今年からサッカーを習うのですが、今日は1日中サッカーを楽しめてよかったです。トロピカーナは果実の味が感じられるのでよく飲んでいます。アップルとフルーツミックスが好きですね。

吉見美智子さん・広大くん(8歳)

意外なことなどタメになる話がたくさんでした!

近藤宏美さん・悠貴くん(8歳)

食前にフルーツジュースを飲むことなど、今まで良くないと思っていたことが逆だったりとタメになる話がたくさんありました。息子はこれからサッカーを始めるので、栄養素も考えていきたいと思います。

近藤宏美さん・悠貴くん(8歳)

アスリートが飲んでいることにビックリ

狩野麻衣子さん・太陽くん(8歳)

クイズ大会で景品をいただき嬉しいです!西さんのお話を聞いて、大勢のプロのアスリートの方がフルーツジュースを飲んでいることを聞いてビックリしました。フルーツジュースには思った以上に栄養素が含まれているんですね。

狩野麻衣子さん・太陽くん(8歳)
サッカー日本代表選手の食事にもマスト!トロピカーナ100%ジュース

日本代表選手の食事にも欠かせないトロピカーナは創業以来、原料はもちろん、製法、パッケージにまでこだわり、果実のおいしさと栄養をぎゅっと詰め込む方法を追及してきました。味のラインナップも豊富で、太陽の光を浴びて育った果実をしぼったおいしさと、カラダに嬉しい果実由来の甘みが特徴です。トロピカ ーナの100%ジュースで、毎日を元気に過ごしましょう!

サッカー日本代表選手の食事にもマスト!トロピカーナ100%ジュース

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP