コラム

2017年07月22日

ジュニアサッカーキャラバン第2弾!中原サッカークラブ訪問レポート!!

「ポカリスエット×サカママ ジュニアサッカーキャラバン」の第2弾が決定!
なんと元日本代表選手が全国の少年サッカーチーム合宿先に訪れて指導してくれます。ここでは、先日行われた第1弾の様子やコーチを務めてくれる加藤さんからのメッセージご紹介。

文/編集部
写真/奥西淳二

加藤 久さんをコーチに迎え
中原サッカークラブで開催

サッカージュニアに欠かせない水分補給についてのセミナーと元日本代表選手による指導が受けられる「ポカリスエット×サカママ ジュニアサッカーキャラバン」(以下、キャラバン)。6月18日、加藤 久さんをコーチに迎え、千葉県柏市の中原サッカークラブで開催しました。普段味わえない特別な指導に、キッズたちも真剣な眼差しに。
第2弾の合宿先でも水分補給についての知識を深めるセミナーと、元日本代表選手が指導を行います。貴重な体験を通して、キッズたちの成長につなげましょう。

中原サッカークラブ

第1回の様子をPLAYBACK!

大水分補給セミナー

パネルを使いわかりやすく解説

大塚製薬の社員が水分と電解質補給の重要性や効果的な摂取の方法、また脱水とパフォーマンスの関係について、わかりやすく解説。練習前のポカリスエットゼリーと練習中のポカリスエットで、しっかり水分と電解質を補給しました。
ウォーミングアップ

罰ゲームありの楽しいメニュー

体をあたためることからスタート。自由に走り回って、笛が鳴ると指示された人数で集まり、あふれた人は罰ゲーム、といった練習も。ちなみに罰ゲームは腕立て伏せ1回!
基礎トレーニング

キックとヘディングのコツを指導

キックの時の足の振り方やヘディングの時の腰の使い方などを加藤コーチが丁寧に指導。すると、キッズたちはすぐに上手くできるように!
試合

選手たちの動きを見てアドバイス

数分間試合を行い、加藤コーチが選手の動きをチェック。その後、加藤コーチの手をあげた方へバックステップで動くという距離感をつかむトレーニングへ。
お楽しみ

最後にじゃんけんゲーム

練習のラストは、加藤コーチとのじゃんけんゲーム。最後まで勝ち残った人にはプレゼントがもらえるとあって大盛り上がり。

この内容は、キャラバンの一例です。当日のコーチによって内容は変わります。

加藤コーチからメッセージ

自分の体と心を同じ場所に置こう

ジュニアサッカーキャラバンで子どもたちは、自分を100%表現しようという気持ちをみせてほしいと思います。その気持ちと情熱を持って取り組めば、必ず成長につながるからです。私がいつも子どもたちに言っているのは「自分の体のある場所に心を置きなさい」ということです。子どもたちは、どうしても注意散漫になりがちで、心がどこかに飛んでいってしまいます。だからこそ、心と体を一緒に置くことが大切なのです。それが集中力であり、集中力がある人が上手くなっていくのです。サッカーは上にいけばいくほど、基本の差が明確になってきます。小学生年代は、基本の練習が非常に重要だと思うので、キャラバンの中では、止める・蹴る・頭ではじくといった基本的なことのコツをアドバイスしたいと思っています。
合宿は集団で生活をするため、人を思いやる気持ちや人のためにすることの大切さが身につけられるものです。まずは楽しんで、自分本位の考えを見直したり、規律を覚えていけばいいと思います。

加藤コーチからメッセージ
加藤 久

加藤 久

かとうひさし●1956年、宮城県生まれ。日本代表選手としては82年第9回アジア大会出場、84年から87年までは日本代表主将を務め、第10回アジア大会、ロス五輪・メキシコワールドカップ予選大会などに出場。

この日の加藤コーチの指導ポイント
体のあるところに心を置く

体のあるところに心を置く

体がグラウンドにあれば心も同じ所に置いておこう。
キックの時は足を小さく振る

キックの時は足を小さく振る

足を大きく振ってしまのはNG。踵をあげて小さく振るのがポイント。
ヘディングの最後は「アイーン」

ヘディングの最後は「アイーン」

顔を引き上げるのではなく、腰を使うこと。最後は顔が志村けんのギャグ「アイーン」のようになるよう意識。
仲間のポジションを感じながら動く

仲間のポジションを感じながら動く

試合では味方のポジションを感じながら動くと、ボールのつながりがよくなり、しっかり守れるように。

参加者'sVOICE

神 幸聖くん

神 幸聖くん(小6)

普段会えない元日本代表選手に指導してもらい、とても嬉しかったです。試合の時のポジションの動きを教えてもらったので、次からの試合でもいかしていきたいと思います。

小泉典子さん

小泉典子さん(お子さん:小2)

水分補給セミナーのような話はなかなか聴く機会がないので、とても参考になりましたし、息子もサッカーを通じて学べてよかったと思います。加藤コーチの指導も優しく、みんな楽しそうでした。

飯嶌美智子さん

飯嶌美智子さん(お子さん:小3・小1)

私が応募したのですが、まさか当選するとは思いませんでした(笑)。加藤さんの指導はもちろん、心と体の話も子どもたちに響いたと思います。全学年一緒に練習することも貴重な体験でした。

宮原一郎監督

宮原一郎監督

子どもたちは加藤さんの一言一言、とくに心の話には刺激を受けたのではないでしょうか。水分補給についてもわかりやすく教\えていただいたので、子どもたちも理解できたと思います。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • サカママワーキングスタイル
  • 4SILO
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • くもんの先生 説明会はこちら

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.22 2017 SUMMER ISSUE (2017年7月発行)

自立するための第一歩 夏の合宿を 成長につなげよう。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP