コラム

2014年12月11日

子どもがサッカー中に倒れたら?①

万が一、でも想像したくないことですが、もし、あなたのお子さんがサッカー中に倒れたら、どうしますか?
前回のコラムでもお伝えしたように、まず行うのは、「一次救命」でしたね。

➊意識の確認
➋救急車の要請
➌AEDの手配、装着、電気ショックの実行
➍胸骨圧迫

意識の確認、救急車の要請
倒れた子どもの近くまでいき、大きな声で呼びかけます。
反応がない、意識がない、場合は、すぐに救急車とAEDの要請です。

子どもがサッカー中に倒れたら?①
子どもがサッカー中に倒れたら?①

チェックポイント!

  • 子ども達の練習時や試合時には、必ず携帯電話を持参し、側に置いておくこと!

    指導者一人で子どもを見ている時などは絶対!です。ボールとコーンとビブスだけ持ってグランドに行かないように。。。
  • 今自分がいる場所をきちんと把握しておくこと!

    今いる場所の住所を救急隊に伝えられなければ意味がありません。普段練習している場所ならよく分かると思いますが、初めて行く場所、遠征先、また大きな施設であれば、どの辺り(グランド内、なのか?トイレ、なのか?体育館の中、なのか?)で子供が倒れているのか?をきちんと伝えられるようにしておきましょう。
  • 電話は指示がない限りはこちらから切らない!

    「とにかくすぐ来てください!」ガチャっとならないように。電話口の救急隊の指示を、慌てず最期まで聞くこと。現場で行うべき行動の指示が出る場合もあります。
  • AED要請も同時に!

    倒れた原因が心臓にある場合、いち早くAEDを作動すれば助かる可能性がぐっと上がります。救急車要請と同時に、AEDを取りに行くよう、近くの人に指示をします。

次回はAEDについてお話しします。

スポーツペアレンツジャパン代表 村田一恵

PROFILE● アメリカノースカロライナ州の大学にて、スポーツ医学を学び、アスレティックトレーナーの経験を積む。 卒業、帰国後、トレーナーとして働き、結婚、出産を機に現場から離れる。

自身の子どもの少年団サッカークラブ入団を機に、子どもたちの安全なスポーツ環境構築についての情報や、スポーツをする子どもとの関わり方、コーチとの関係づくりなどの情報を提供すべく、スポーツを行う子供をもつ親=スポーツペアレンツ)向けの情報提供団体として、スポーツペアレンツジャパンを設立。3男児、サッカーボーイズの母。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP