コラム

サッカー選手のパパ

サッカーが大好きな息子

息子が産まれたのは、主人がポルトガルに移籍した年でした。出産の為に一時帰国したものの、生後2ヶ月でポルトガルに戻り、息子がスタジアムデビューをしたのは生後3ヶ月頃でした。ドイツに移籍してからは、ドイツは週末の試合の為に街中のほとんどのお店がcloseし、街中の方がスタジアムに集まる習慣で、いつもたくさんの人で賑わうスタジアムの雰囲気が息子も私も大好きでした

赤ちゃんの頃から週末はスタジアムでパパの応援、時々クラブハウスにも遊びに行ったりと、パパの頑張る姿をずっと見てきました。

そんな息子は前回の記事でも書かせて頂いた様に、隙さえあればサッカーサッカーサッカー小学校の休み時間や下校時には校庭で友達と、自宅では夜な夜な狭い部屋でドリブルとステップの練習。本当にサッカーが大好きになったんですね。

そんな息子の姿に主人はハートの矢を放たれた様に息子が可愛くてたまらなくなっているみたいです。

先日もクラブハウスに息子のサッカー友達を連れて遊びに行き、主人の練習が終わるのを待ち、パパサッカーやろうと志願し、主人は嬉しそうに相手をしていました。

わたしは、こんな姿をずーっと見ていたいな。それだけで幸せ。と微笑ましい姿にジーンときてしまいました。

クラブハウスに息子のサッカー友達を連れて遊びに
クラブハウスに息子のサッカー友達を連れて遊びに

“パパがサッカー選手”

というのは、良くも悪くも色々な見解があると思います。
パパが引退した後も、きっと息子にとってはパパがサッカー選手ということがついてくるのでしょう。サッカー選手を目指す以上、やはりパパを越えたい、パパみたいになりたいと思うのかな。そして、パパみたいになれないと悔しい思いをするかもしれない。パパがサッカー選手じゃなければ流すことのない涙を流すかもしれない。母親として、そんな想いもありますが、大きな壁としてではなく、大きな目標としてパパに憧れるというのであれば、やはり息子の夢を応援してあげたいと素直に思います。今のペースだと、あっという間に超えてしまいそうですが。笑

サッカー選手という職業が、子供達の夢にこれからもなりますように…

そして、子供達には、未来の子供達に夢を与えられるような大人になってほしいなと改めて感じた日となりました(^_^)

パパがサッカー選手
相馬れいこさん

相馬れいこさん

神戸市在住 1984年6月12日生まれ 
職業 ファッションモデル/会社経営
2009年1月11日に当時 浦和レッズに所属していた相馬崇人選手(現ヴィッセル神戸所属)と入籍、その後渡欧。
夫の移籍と共に約3年間ヨーロッパ(ポルトガル、ドイツ)での生活・子育てを経験、帰国し神戸にて会社を立ち上げSomaHouseサッカースクール/キッズスクールを運営する。(株式会社SOMA)現在二児のママ。

雑誌:VERY,CLASSY,JJ
SHOW:神戸コレクション
CM:JT Roots飲んでGO 秦さん編、カネボウ テスティモ など多数

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP