コラム

子どもと共有の時間をしっかり持ちながらカフェのウェイトレスに

今回紹介するママ

桜井 明子さん(東京都稲城市在住)

高3の女の子と中1の男の子のママ。
結婚前は日テレ・ベレーザの選手として活躍していた桜井さん。引退後に結婚し、専業主婦として生活していましたが、下のお子さんが幼稚園に入園したのをきっかけに、パートで働き始めました。現在は、カフェのウェイトレスを中心に、3つの仕事をかけもちでこなしています。

桜井 明子さん
キラキラポイント

お子さんの成長をしっかり見守りたいとの思いから、短時間勤務が可能で融通がきくパートで働くことを選択した桜井さん。お子さんの成長と共に仕事量も徐々に増やし、現在は3つの仕事をかけもちでこなしている、元プロサッカー選手のパワフルなサカママです。

長男の幼稚園入園をきっかけに
パートでお仕事をスタート

結婚前は日テレ・ベレーザのサッカー選手として活躍してきた桜井さん。引退後に結婚し、専業主婦として子育てに専念していましたが、息子さんの幼稚園入園をきっかけに、串焼き屋の仕込みの仕事を始めたそうです。「選手を引退した頃はサッカーから開放されたいという気持ちが強かったので、結婚後は専業主婦として生活していましたが、下の子が幼稚園に入園して時間に余裕ができた頃に、知り合いが経営する串焼き屋さんで働かないかと声をかけてもらったんです。それで、短時間勤務のパートなら子育てしながら働くことができると思い、仕事を始めました」。

その後、勤務しているお店が閉店することになり、桜井さんは次の仕事を探し始めます。「仕事を探している時に、以前からお気に入りだったカフェで偶然ウェイトレスを募集していると知り、すかさず応募して採用してもらいました。もともとこのカフェを知ったのはランチを食べに行ったことがきっかけですが、店内に入った瞬間に私の大好きなアメリカンな雰囲気にビビっときて(笑)、お気に入りのカフェになったんです。今はランチの時間帯に週4日働いていますが、オーナー夫妻が良い方々でストレスフリーな職場ですし、大好きなカフェでの仕事に満足しています」。

ベレーザの選手が来ることも!
桜井さんが働いているカフェは、アットホームな雰囲気が魅力。ベレーザの選手たちの練習場に近いこともあり、ベレーザの選手が来ることも!カフェのFacebookはコチラ

その日にできることだけをして
3つの仕事と家事を両立

現在桜井さんは、カフェの仕事を含めて3つの仕事をかけもちしながら、仕事と家事を両立させています。「下の子が中学生になったので、カフェの仕事がない日や夕方の時間を使って、保育園の夕方保育や串焼き屋の仕込みの仕事もしています。家事は、あまり力を入れすぎずにその日その時にできることをやればいいかなと考えていて、私ができることはもちろん私がやりますが、子どもたちが自立する力をつけるために、予定を確認しながら、自分でできることはやってもらうようにしています」。

また、サッカーをしている息子さんのサカママでもある桜井さんは、元サッカー選手という経歴をいかして、以前は息子さんのチームのコーチをしていたこともあるのだとか。「私がコーチをしていた時は、熱くなりすぎて、息子とぶつかってしまうことがありましたが、親が求めているサッカー観やプレースタイルは子どもの考えと違う場合がありますし、試合で常に100%の力を出すことが難しい中で、子どもたちは子どもたちなりに頑張っているんですよね。私もサッカー観やプレースタイルが私と息子では違うことがわかったので、今日はどんなプレーをして、楽しかったのかやりきれなかったのか、息子の話を聞くようにして、試合を見てガミガミ怒らずに、良いところを褒めるようにしています。アドバイスという形で助言することもたまにありますが(笑)。あとは、練習試合の時におにぎりを持って行くことになっているので、いつも愛情込めておにぎりを作っています」。

仕事と家事を両立させるコツは、その日その時にやれることをやること
桜井さんが仕事と家事を両立させるコツは、その日その時にやれることをやることだそう。「1日働いている日もあれば、夕方は仕事がない日もあるので、日によって家事の何に重点を置くのかを決めています」。

貴重な自由時間の楽しみは
気の合う友達とのカラオケ!

3つの仕事をかけもちしながら、サカママとして息子さんの試合の応援に行くなど、忙しい毎日を過ごしている桜井さんだけに、自分だけの自由時間は多くはありませんが、時間がある時はお友達とカラオケに出かけて思いっきり歌うことでリフレッシュしているのだそう。「今は自由時間を作ることはあまりできませんが、普段は音楽を聞きながらご飯を作ることでリフレッシュしています。日曜日は仕事を入れていないので、息子の試合があれば試合に行って応援していますが、時間がある時は気の合う友達とカラオケに行って、子どもたちのことや家事のことを忘れてガンガン歌うことが楽しみのひとつです。たまに、近所の温泉で、1人でぼーっとしながらのんびり過ごすこともあります」。

気の合う友達とのカラオケ
カラオケでお友達と歌うことが自分時間の楽しみと話す桜井さん。「たまにしか行くことがきませんが、気の合う友達とカラオケで歌いまくることでリフレッシュできます」。

子どもの成長の見守りながら
働けるワーキングスタイルを選択

短時間勤務が可能なパートのお仕事は、子育てをしながら働きたいと考えているサカママにとって、魅力的なワーキングスタイルなはず。実際に、桜井さんもパートで働くことを選択し、お子さんが幼稚園の頃から働いてきました。「うちの子どもたちは上の子が高3、下の子が中1になりますが、ここまであっという間に成長しました。子どもは本当にすぐ成長するので、同じ時間を共有していないと成長の一瞬を見逃してしまうこともあります。でも、それはもったいないことだと思うんです。私は短時間で働くことができるパートの仕事をすることで、子どもたちと共有する時間をなるべく作るようにしてきました。例えば、子どもの試合を見に行って一緒に話をしていると子どもの成長の凄さを実感できますし、あれ?こんなに成長してるんだと感じた時の感動は、何よりの母の喜びです。仕事にサカママ、家事、子育て…それぞれ両立させることは色々と大変ですが、今日はどこに重点を置こうかなと、その日その時に考えればいいのかなと思います。頑張って子どものことや家のことをやってきて良かったー!と思える日が必ずあるので、仕事を始めようと思っているサカママの皆さんには、自分も一緒に成長できると信じて頑張ってほしいです」。

幼稚園の頃からサッカーに夢中の息子さん。
小2の時に自らサッカーをやりたいと言ったことからサッカーを始めた息子さん。現在は府中市を拠点とするユースチームで日々練習を重ねています。
ママの時間割

AM

6:30
起床、朝食の支度
7:00
朝食
7:30
子どもたちを送り出す
8:00
朝ドラを見る
8:30
家事(洗濯、皿洗いなど)
10:00
仕事準備
10:30
出勤

PM

15:00
仕事終了
15:30
買い物
16:30
帰宅、家事。息子は帰宅後サッカーの準備
17:00
家事、愛犬まっちゃんの散歩
18:00
息子を練習に送り出した後、夕食準備
22:00
息子サッカーから帰宅、夕食
22:30
入浴
24:00
就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP