コラム

2016年05月10日

【最新】働き方・子育て・サッカーサポートを大公開!サカママワーキングSTYLE

日々、キッズのサッカーサポートを頑張っているサカママたち。
中でも、仕事と子育てを両立しながら、サカママライフも楽しんでいる3 人を取材しました。
うまくいかない時だって、ポジティブに前進する様子は誰もが参考になるはずです!

「家事はほどほどに」が仕事と子育てを両立するコツ

林 道穂さん
(北海道旭川市在住)
小学5年と2年の女の子、幼稚園年少の男の子のママ。
2012年に自宅でくもん教室を開設し、週2 回くもんの先生として働いています。

結婚後は育児に専念するも、下のお子さんが1歳になったことを機に、「くもんの先生」として自宅に教室を開設した林さん。「長男を妊娠中にくもんの先生募集のチラシを偶然もらい、自宅でできる教室は週2回という文字を見てピン!ときたんです。3人の子育てをする私にとって、自宅で働けることは大きなポイントでした。その後、説明会で聞いた『子育て経験を生かせる仕事』、『仕事でありながら自分の子育てに生かすことができる』のフレーズも私の背中を押してくれました」。
現在は、週2回、自宅でくもんの先生をするのが林さんの働き方。真剣に仕事に向き合いつつ、子育てとも両立させることをいつも意識しているそう。
「仕事を始めた頃は、すべてを頑張りすぎてしまい、余裕がなくなってしまったことがありました。仕事も子育てもどっちも大切にしたかったので、今は仕事がたてこんでしまったら、家事の手を抜くことも(笑)。良い意味で頑張りすぎず、ときには家事はほどほどにくらいの気持ちを持つことが、仕事と子育てを両立するコツだと思います」。
サカママとしては、小2の娘さんをサポート。「スクールの日は私が仕事なので、毎回どんな練習したのかを聞くようにしています。娘はとにかく練習熱心。『どんな練習をすればいいの?』とよく聞かれるので、サッカーの先生に会ったときは練習方法を教えてもらって、親子でトレーニングに励んでいます」。


週2回は自宅で くもんの先生

お子さんが学校や幼稚園へいっている間に、教室を準備。息子さんが帰宅後すぐに教室がスタートし、20時半までくもんの先生として働くそうです。「学校から帰宅した お姉ちゃん2人が弟の面倒を見てくれるので、何かと助かっています」。


家事は夜中にして 子どもとの時間を作る

21時には子どもたちと寝室に。「今日は学校でね~」と、早く寝かせなくちゃと思い ながらもオシャベリがやみません。「家事は、寝かしつけの後に。教室がある日の前 夜には、翌日の夕食も作っておきます」。


大会がある日は必ず行って娘を応援!

娘さんのサッカースクールは週1回。「私が仕事をするにあたり『一人で自転車で通うことになるよ』と伝えたところ、それでもサッカーをやりたいといったほど娘はサッカーに夢中。だから週末に大会がある時は必ず観に行くようにしています」。


何でもやろうDAYの日は 手芸やDIYにチャレンジ

仕事のない日は何でもやろうDAYなのだとか。「手芸やDIY など、その日は自分がやりたいと思ったことにチャレンジしています。一人でランチを楽しむのもリフレッシュのひとつ。ラーメン屋にも一人で行きますよ(笑)」。


荷物が多いことからメンズのバッグが基本だそう。
「北海道の試合は春秋でも風にさらされるので、ひざかけと温かい飲み物は欠かせないですね」。


林さんの時間割

AM

5:30
起床、朝のバスタイム、パパ出勤
6:30
子どもたち起床
7:00
朝食
7:30
長女と次女、登校
8:10
長男登園
8:30
教室の準備、学校の行事、買い物など

PM

13:45
長男帰宅
14:00
教室スタート
20:30
教室終了
21:00
子どもたちと寝室に
22:00
ヨル家事(洗濯、掃除など)、教室の後片づけ、次回の準備
24:00
就寝

同じ職種でパートタイムにキャリアチェンジ

堀米まりこさん
(東京都武蔵村山市在住)
小3の男の子と小1の女の子のママ。子ども服ショップでの販売員を一度退職して専業主婦になりましたが、ふたたびパートタイムで婦人服の販売員として働いています。

子育て中に一度は専業主婦になった堀米さんですが、娘さんから「お仕事してた時はキラキラしてたね」と言われた言葉をきっかけに再就職したそうです。「サッカーのサポートや習いごとの送り迎えを必ずできる仕事を探して、パートタイムで平日のみ働いています。前職と同じ販売員として復職できましたし、働き方を変えたからこそ子育てと家族で過ごす時間も十分できました」。
スクールの送迎や応援など、サカママとしても大忙し。「同じチームのサカママたちとのコミュニケーションも増えました。チームのパパやママは誰のゴールでもみんな 自分の子どものゴールのように喜ぶんです。そんな微笑ましい姿に一番癒されているのは私かもしれませんね」。


無理のない働き方を パートタイムで実現

平日の9時半から15時半まで働く堀米さん。「手助けして欲しい時は、素直に主人に言って助けてもらい、家事と育児の手を抜くこともあります」。


買い物と掃除は まとめてする!

買い物と掃除はまとめが基本だそう。「週末に1週間分の食品をまとめ買い、子ども が喜ぶように、かわいいおかずを作るのも日課です」。


マイブームはサッカー本を読むこと

サカママとしても積極的に活動しているそうです。「サッカー本を読んでサッカーの知識をつけるのもマイブーム。サカママ同士で話をすることも楽しいです」。


ネイルサロンで ジェルネイル

手元がきれいだとテンションがあがるとか。「ネイルサロンでの時間は、あわただしい日常を忘れてのんびりできるので貴重です!」。


かわいいキャンバス地のバッグの中にはぽち袋が!
「息子がお友達から小銭を借りたときなどは、ぽち袋にいれてお返しするようにしています」。


堀米さんの時間割

AM

5:00
夫 出勤
6:00
起床、身支度&朝食づくり
6:50
子どもたち起床・朝食
7:40
長男と小学校へ(毎朝、通学路途中まで一緒に歩いて見送り)
8:05
見送り後、長女と保育園へ。そのまま職場へ。
9:15
職場到着
9:30
仕事開始

PM

15:30
仕事終了
16:30
長女を保育園にお迎え
16:45
学童へ長男を迎えに行き、そのままサッカースクールへ送り
17:00
サッカースクール開始
17:10
帰宅。長女と洗濯物片づけ・お風呂掃除・夕飯づくり
18:40
スクールへお迎え(※頼める時はパパが担当)
19:00
サッカースクール修了
19:20
帰宅後、家族順番にお風呂へ・洗濯機をまわす息子の宿題の見直し・次のスクールの準備など
20:00
家族全員で夕飯
20:40
夕飯の片づけ・洗濯物干し
22:00
夫と子どもたち 就寝
22:30
就寝

仕事とサカママが両立できているのは、ママ友のおかげ

高木美貴さん
(埼玉県和光市在住)
中1の女の子と小3の男の子のママ。 新卒で入社したお菓子メーカーで正社員として働いています。育児休業を2回取得しながら勤続13年働き、昨年は管理職試験にも合格。

新卒でお菓子メーカーに入社した高木さんは、部署内で産休・育休を取得した第1 号に。「終電まで働くのは当たり前という環境でしたので、“ママになっても働きやすい環境”の道しるべをつくった自負はありますね」。
しかし育休明け、時短勤務ができるのは下のお子さんが小学生になるまで。昨年からは完全にフルタイムで働いているそうです。「平日のサッカー練習で、私もパパも送り迎えが間にあわないときは、保育園が一緒だったママ友2人に協力してもらっています。ママ友とは“できる日にできる人が”というスタンスで練習中の写真を送りあったりもしています。子どもたちへの協力体制が整っているので、無理なく楽しくサカママライフが送れています」。


働くママの先輩として 部下をサポート

仕事が大好きだという高木さん。「昨年管理職試験に合格しました。今後は、これからママになる部下を守ってあげたいですね」。


お茶をたてている時が かけがえのない時間

週末必ずお茶をたてているそう。「誰にも邪魔をされず心を無にできる私だけの貴重な時間です。これがあるから頑張れます」。


我が子が活躍する姿を 見るのが楽しい!

大会で優勝して息子さんがMVP に。「我が子が活躍する姿を見るのがこんなに楽しいなんて、以前は想像すらできませんでした」。


寝る前が子どもたちの 雑巾がけタイム

高木さんは自称「掃除魔」というだけあり、家の中では常にモップを手にしながら移動しているそう。「『学校で掃除の時間があるのだから、家でもそうであるべき』と思い、寝る前は子どもたちの雑巾がけタイムです」。


PORTER のバッグを愛用中。「オススメはガラスタンブラー。茶葉を入れた状態で持ち歩けるので、おいしいお茶を飲みながら試合観戦できるんです」。


高木さんの時間割

AM

6:20
起床。白湯を冷ましながら即クイックルワイパーで床掃除
6:30
白湯を飲みながら朝食準備をして、子どもたちを起こす
7:00
身支度タイム
サッカースクールの道具の準備もしておく
7:10
朝食(後片付けはパパが担当)
7:50
子どもたちの登校と一緒に出勤
8:50
始業

PM

17:25
退勤
18:20
帰宅(日によっては途中スーパーに寄って食材購入)
近所のママ友が息子をサッカースクールから連れて帰ってきてくれます
19:30
夕食 食べ終わったらこどもたちとの時間(宿題チェック、連絡帳点検、UNO、人生ゲームなど。笑)
21:00
子どもたちお風呂→就寝
その間に翌日の夕食の下ごしらえや床拭きなどの家事を行う
※疲れているときはこどもたちと一緒に入って一緒に寝てしまう日も
21:30
毎日の半身浴+読書
サッカーで汚れたソックスをウタマロで手洗いするのもこの時に
22:30
以降眠くなった時間に就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP