コラム

子育ての合間に資格を取得して趣味を仕事に!

横山 千春さん(埼玉県さいたま市在住)

中2の女の子と小5の男の子のママ。
以前は客室乗務員として働いていた横山さんですが、職業柄、2・3日は家を空けてしまうため、結婚を機に退職しました。結婚前から趣味で習っていたフラワーアレンジメントの資格を、長男出産後に取得。現在はフラワーアレンジメント教室で週3日働いています。

子育ての合間に資格を取得して趣味を仕事に!

お子さんが幼稚園に入園して時間にゆとりができた時に資格を取得し、もともと趣味だったフラワーアレンジメントを仕事にしている横山さん。今は週3日働きながら、隙間時間を上手に使って家事をこなし、趣味のランニングも毎日楽しむなど、充実した日々を送っているサカママです。

家事は隙間時間を使って
まとめてするのが基本

フラワーアレンジメント教室で週3日働いている横山さん。シフト制のため、学校行事やサッカーの練習日に合わせて仕事を入れるようにしているそうです。ただ、仕事の日は9時半から17時まで家を空けるので、家事は隙間時間をフル活用。平日は出勤前に、週末は息子さんのサッカーの待ち時間などを利用して家事をこなしています。「買い物は週末に買いだめ、長女のお弁当は料理を多めに作って冷凍しておくなど、家事はとにかくまとめてするようにしています」。
また、横山さんは仕事や家庭と両立しながらサカママとしても活動しており、サカママ歴は6年にもなります。「息子は幼稚園年中からサッカーをはじめました。現在は、平日週1回のスクールと、週末は地元の少年団でサッカーをしています。少年団の人数が少ないので、試合の送迎や洗濯、飲み物の用意など、サカママ同士で子どもたちのサポートをしています。その中でサカママ同士の繋がりも大切にしています。サッカーをしているママ同士なら、一緒に子どもの成長を見守ったり、悩みも相談できたりするので。サカママになったおかげで、ママ友がたくさんできました」。

忙しい中でも、子どもたちのごはん作りは手を抜かず、栄養バランスを考えて作っているそう。

メダルや仲間との写真を見える場所に置いて
お子さんのサッカーのやる気をアップ

横山さんが働きながら子育てする中で心がけていることは、できるだけ子どもたちと同じことを体験して、同じ時間を過ごすことだそう。「子どもたちは好奇心旺盛です。子どもが興味を持ったことを体験させるだけでなく、親が一緒に体験して共有するようにしています。例えば、子どもが漢検を受けるときは家族で挑戦したり、親子でマラソン大会に参加したりすることで、普段はそれぞれ忙しくても、家族の絆が深まっているように感じます」。
サカママとしても、息子さんのやる気をアップさせるための工夫をしている横山さん。今まで大会でもらったメダルやチームメートとの写真などを、息子さんがよく見える場所に飾っているそうです。「昨年、今住んでいる場所に引っ越してきたので、サッカーをする環境が変わり、息子が新しいチームでサッカーをすることに不安を感じている時期がありました。また、気分に左右されてやる気がなくなることもあります。そんな時にメダルや写真を見ることで、今までの自分の頑張りを思い出して、やる気がアップしているようです」。

息子さんがもらったメダルや仲間との写真を、いつでも見えるところに飾る工夫をしている横山さん。参加した大会の詳細を、1冊のノートに記録するなど、日頃から献身的に息子さんをサポートしています。

自分時間の楽しみはランニング
夢はホノルルマラソン出場!

仕事と家庭の両立には、オンとオフの切り替えが大切だと横山さんは言います。「仕事のない日や家事を終えた後に時間を作って、ランニングや映画、友達とランチに行くなど自分の時間を積極的に持つようにして、ストレスをためないようにしています。特にランニングは、息子が2年生の時に親子でマラソン大会に出る機会があり、それがきっかけで今も走り続けています。マラソンを始めて1年後にはフルマラソンにも挑戦しました。最初は息子と一緒に走っていたのですが、息子がどんどん足が速くなって一緒に走ることが難しくて(笑)。今は主人と一緒に走ることが多いですね。いつか家族でホノルルマラソンに出るのが夢です」。

横山さんは、お子さんと同じ時間を共有することを大切にしています。夏になると、親子でシュノーケリングを楽しんでいるそうです。

大好きなお花の仕事をするために
子育てに余裕ができたら資格取得

もともと趣味でフラワーアレンジメントを習っていた横山さんが、資格取得を目指したのは、上のお子さんが幼稚園に入園し時間に余裕ができたことがきっかけだったそう。「資格取得を決めてから試験までの期間が短かったので、家事が終わってから深夜まで、空いてる時間はとにかく実技の練習をしました。辛いと思うこともありましたが、“自分のために好きな仕事をしたい!”という一心で、今しかないと自分に言い聞かせて頑張りました」。
資格を取得後は、自宅でできるオンラインショップでアレンジメントの販売をしていた横山さんですが、長男が幼稚園に入園して時間に余裕ができると、今度は外で働きたいと思うようになったそう。「長男が入園した後に、タイミングよくお仕事の話をいただいて、それから、フラワーアレンジメント教室で働くようになりました。仕事と家事、サカママを両立することは大変ですが、仕事と家庭、自分時間と子育て、長女と長男など、それぞれのバランスを考えながら日々生活することで、乗り切ることができると思います。今は教室のサポートやイベントの企画をしていますが、子育てが落ち着いたら自分の教室を持つことが夢です」。

「自分の好きなことを仕事にできて、きれいな花に囲まれて癒されながら楽しく働いています」と話す横山さん。フラワーアレンジメント教室での仕事のかたわら、オンラインショップでの販売も続けています。

AM

5:30
起床、長女のお弁当&朝食作り
6:00
長女と夫起床
6:30
長女と夫を見送り
7:00
長男起床、二人で朝食
7:40
長男は小学校へ、家事を開始、自分の身支度
9:30
仕事に出発
10:30
職場に到着

PM

15:45
長男帰宅
16:15
長男は一人でサッカースクールへ電車で向かう
17:00
帰宅、夕食の準備
18:00
サッカースクールのお迎え
19:00
長男と長女帰宅、三人で夕食
20:00
入浴、宿題、テレビ、ゲームなど
20:00
家族の時間、お風呂
21:30
長男就寝
22:30
長女就寝、夫帰宅、夫と飲みながらその日の話をする
24:00
就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP